「緑の党」~脱原発で参院選に向け始動~

緑の党、参院選へ始動 「脱原発」の地方議員ら、まず予備選挙
http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201303090621.html
(朝日新聞 3月10日 朝刊より抜粋)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「脱原発」を掲げて地方議員らが昨年7月に結成した日本版「緑の党」が、今夏の参院選に向けて動き出した。

まずは公認候補選びへ予備選挙を開始。初挑戦の国政選挙で、市民参加型の運動を貫いている。

「みなさん、『みどりの風』でも『未来の党』でも『みんなの党』でもありません。『緑の党』です」…

・・・(中略)・・・

緑の党は参院選に10人以上の擁立を目指す。

すでに共同代表の須黒奈緒・杉並区議を公認。

予備選挙で、高校非常勤講師や元広島県職員ら、計7人の中から4人を選ぶ。

約900人の会員が投票し、開票は17日。

候補者の半数以上は女性にする「クオーター制」を導入。

最大4人の名前を記入できるが、半数以上は女性にしないと無効票となる。

昨年の衆院選では、脱原発を掲げる政治勢力の結集に動いたが、

既成政党による離合集散と見て断念。

党幹部は、「小沢一郎氏が来てまずいと思った」と話す。

須黒氏は、「市民運動から生まれた政党なので既存政党とは一線を画す。この参院選で、

当選できなければ当分、日本に緑の党の国会議員は誕生しない」と意気込む。

昨年の衆院選に出た俳優の山本太郎氏との連携も模索している。(土佐茂生)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

須黒区議、参院選に出馬ですか・・

緑の党は杉並に本部を置くので応援したいと思いますが(盛り上がってますねぇ、高円寺・・)、

今ひとつ中身がわかりません。

小沢氏を避けたのは正解ですし、既成政党と一線を画したいのもわかりますが、

国政のテーマは「脱原発」だけではありません。

市民運動から出発した政党が、国際政治、経済、安全保障など・・果たして対応できるのか・・?

という以前に、どれほど知識を持ち、理解しているのか・・はたまたブレーンがいるのか・・?

反対するだけの、旧い社会党的な体質や、フェミニズム的な主張だったらNOです。


緑の党に所属するO議員の為、区議選の折、仕事で多忙だったにもかかわらず、せっせと

推薦はがきを書きました。議員はなんとか三期目、当選・・


その後、ある要望をしましたが、「私には(力がなくて)出来ません」と言われ、

たいしたことでもないのに・・がっかり・・。(葉書を受け取った方々はO区議に投票したそうです。

皆さん、すみません!その後、他党の区議さんに依頼しましたら、快諾してくれました)

直後、原発事故で被災した南相馬市のNPOを援助したいという集会を区議が開いたので参加しましたが、

参加者は10数人・・二次会まで残った参加者は私と、あともう一人(区議の支持者)のみ・・。

南相馬から来てくれたNPOの若い人たちのために支援イベントでも計画するのかと思いきや、

支援金も集まらず(私もカンパ)、区議自身がフリマをして3~5万円の

ガイガーカウンターひとつを寄付したのみ(その後、報告は受けていません)。

私でさえ、もっと出来るべ~!

つまり党がどうのこうのではなく、議員の実力が問われるのだと思います。

また、党が、どれだけ具体的かつ斬新な政策を提示できるかです。
実行力も必要~

区議選は、地域の問題なので、実力のある人に投票しないと、物ごと動きません。

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR