スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺処分から譲渡推進へ 京都・岐阜・群馬・沖縄の情報

殺処分から譲渡への流れ。

2008年から、都道府県において実施されている「動物愛護管理推進計画」では、

10年間で引取り数の半減をめざしています。

これを受けて、従来のシェルターを、譲渡や啓発促進に向けた施設へと転換する動きが出ています。

すでに実績のある長野県「ハローアニマル」などをモデルとして、

2011年にオープンした横浜市動物愛護センター
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/hokenjo/genre/douai/

2014年の完成をめざしている京都市動物愛護センター(仮称
★「京都市人と動物が共生できる町づくり基金」への寄付募集
http://www.daktari.info/news/2618.html
(京都市のサイトが見つからなかったので、↑のサイトからお問い合わせ下さい)


群馬県 動物愛護の啓発拠点  県央に15年春開設 

 上毛新聞ニュースより
     ↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

引き取り手がなく殺処分される犬や猫を減らすため、県は県央地域に
「動物愛護の拠点施設」を設置する方針を固めた。

2013年度一般会計当初予算案に、周辺住民への説明会費用を計上する。
拠点施設には保護スペースを設けるほか、専門スタッフを配置して動物愛護の啓発活動を推進。
飼い主への返還や第三者への譲渡活動も強化し、
年間2800匹(11年度)を超す殺処分を減らしたい考えだ。

場所は県央地域の県有地を予定しており、15年4月の開設を目指す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岐阜県が新年度 犬猫の殺処分減施設整備を検討   

(2013年1月31日 読売新聞 地域岐阜)

保健所などで収容した犬や猫の殺処分される数を減らすため、県が新年度、
動物愛護管理施設の整備を検討していることがわかった。
施設は美濃市に建設され、2013年度中の完成を目指す。
また、犬や猫とふれ合うことができるドッグランも建設されるという。

県生活衛生課によると事業費は約1億7000万円で、施設の広さは約295平方メートル。
飼育室や検査・治療室などが設けられ、犬5匹、猫10匹の飼育ができる。
防臭対策も備え、多目的ホールではしつけ方法などの研修も開催される。
新しい飼い主への譲渡は、年間計180匹を目指すという。

今年9月に施行される改正動物愛護管理法で、
自治体に犬や猫の殺処分をなくすよう努力義務が定められたため、建設の検討を決めた。
県によると昨年度、県内で犬368匹、猫2217匹が殺処分された。
県は「処分される命を1匹でも減らしたい」としている。
また、けがをして保護された希少な猛禽(もうきん)類の野生復帰を目指して、
飼育や飛ぶ訓練などを行う施設も併設される。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
沖縄県 動物のサポートセンターの設置を計画

  沖縄タイムス   2013年3月14日 09時52分

個人で飼育ができなくなったり、飼い主がいない犬猫を引き取り、保護する施設は現在、
本島内では県動物愛護管理センター(南城市)が担っている。

中核市移行後は4月に新設される市の「環境衛生課」に動物愛護の相談窓口が移るため、
市域で保護した動物のサポートセンターの設置を計画。

軍用地の開放に伴い具志自治会が活用してきた海岸沿いの土地など2万2千平方メートルを市が買い上げ、
南側1千平方メートルにセンターを建てる。

センターでは殺処分を行わず、一時的に保護した犬猫の引き取り手を探す譲渡業務に力を入れる。
開設までは市で受け付け、県愛護センターに収容する。

市の担当者は「愛護センターの犬猫の約10分の1が那覇市から収容されているといわれている。
センター設置で引き取り手を増やしていきたい」と話した。

ボランティアで犬猫の一時保護や引き取り手を探すNPO法人ワン・パートナーの会(比嘉秀夫理事長)は
「サポートセンターで犬の飼育法などを指導し、飼い主のモラル向上を推進できれば、
殺処分される犬・猫も減る」と期待している。

一方、市は買い上げる土地の残りの敷地を「具志南多目的広場(仮称)」として、
夜間照明を備えた市民スポーツ振興の拠点にする考え。13年度当初予算で調査費を計上した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

動物に関わらず、公的基金の設置が全国的にひろがっています。
どこの自治体も財政難ですから、行政による基金の設置は良い考えだと思います。
動物愛護団体はいろいろあってよく分からないけれど、公的基金なら一応安心して寄付ができます。

マンパワーの問題は、ボランティア(人材)を育てていくことが必要でしょう。

★殺処分を減らすために★
        ↓
http://doubutsu-forum.com/satushobun.html

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。