阿仁熊牧場 八幡平からのヒグマ受け入れ施設案を発表

秋田・クマ牧場事故:ガラス越しに観察 県が受け入れ施設案

2013年04月23日  (毎日新聞)

http://mainichi.jp/select/news/20130423mog00m040007000c.html

(以下、転載)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


県は22日、県議会福祉環境委員会で、

秋田県鹿角市の秋田八幡平クマ牧場=廃業=のクマを受け入れるための

北秋田市の阿仁熊牧場の受け入れ施設の整備案を示した。

ガラス越しにクマを観察したり、高さ約5メートルの遊歩道からクマの様子を見渡せるようにする。


昨年の12月議会で示した素案を一部修正した。

クマを複数の角度から観察できるよう屋上に約70メートルの遊歩道を設置。

1階部分は高さ2.6メートルのガラス張りにして、池でクマが遊ぶ様子を見られるようにする。

さらに、運動場の地面の一部にガラスを張り、下から観察できるようにする。

クマが休憩できる穴を設け、小窓から来場者が中の様子をのぞけるスペースも設ける。

脱走防止策としては、内柵の上部は透明の金属板と同じ効果がある「ポリカーボネート板」に。

6段階の高さに張る電気柵が故障しても、クマは爪を立てて登ることができないという。


鹿角市のクマ牧場にはヒグマ20頭が残されている。7月上旬に施設の工事に着工し、

年内にクマ収容施設を完成させ、ヒグマを移送する予定。


県と市、牧場を経営する三セクは、7月にも阿仁熊牧場利活用推進協議会(仮称)を設置。

大学研究者や動物園関係者ら10人程度が阿仁熊牧場のソフト面の利活用方法などを話し合う。(小林洋子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

阿仁クマ牧場の受け入れ施設の概要が公開されました。

夏には、利用推進協議会が設置されるそうですが、地域起こしという面からは、大学研究者や

動物園関係者のほかに、軽井沢ピッキオのように動物保護とネーチャーツアーの両方に実績のある

他分野の方々も参加されるとよいのですが。諸外国の例も参考になると思います。

記事には、施設のイメージ図面も掲載されています。

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR