スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上野動物園 パンダの来日とツキノワグマの赤ちゃん死亡

今夜、2頭のパンダが上野動物園にやって来ます。
ともに5歳で、オスが「比力(ビーリー)」、メスが「仙女(シィエンニュ)。
仙女、なんて神秘的な名前ですね。鼻の高い丸顔の美人(熊)だそうです。
でも、名前はこれから公募され、日本名になるそうで、公開は3月下旬から。
中国からの貸与期間は10年。東京都は毎年8千万円を中国に支払います。
これは、パンダの保護、研究に充てられるそうですが…。

新パンダの来園に沸く上野ですが、14日に産まれたツキノワグマ、クーの
赤ちゃんが2頭とも死んでしまいました。
クーは、冬眠部屋で冬眠中。1頭はすぐに死亡、残った1頭に添い寝したり、
授乳したりする様子を室内カメラがとらえていました。
上野動物園での冬眠中の出産は初めてで、親子の生態観察が期待されたのですが、
悲しい結末となってしまいました。

悲喜こもごも、ですね…。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。