スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬猫の殺処分数が激減 11年度福岡市

犬猫殺処分:11年度福岡市、2割以下に 

民間と連携し効果 不妊去勢手術助成、地域猫活動支援 /福岡

毎日新聞 2013年05月22日 地方版
http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20130522ddlk40040337000c.html

(以下、転載)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

福岡市の犬と猫の殺処分数が激減している。不妊去勢手術への助成や地域猫活動などに取り組み、

2006年度に3327頭だった処分数を11年度は649頭と5分の1以下まで減らした。

市生活衛生課は「今後も民間団体と連携し、更に殺処分数を減らしていきたい」としている。


市は09年4月に市動物愛護管理推進実施計画を策定。犬や猫を持ち込む飼い主に飼育継続を説得したり、

イベントなどで適正飼育を指導したりしてきた。

同年10月から野良猫を無償で不妊去勢手術して地域で世話をする地域猫活動を支援。

今年3月までに37地域で計665頭の地域猫を指定した。

猫への個体識別データ入りマイクロチップの装着や不妊去勢手術への助成制度もあり、

今年度から助成対象頭数を200頭から300頭に増やす。


計画では、殺処分数を18年度までに犬160頭以下、猫1300頭以下にする目標だったが、

11年度で犬は59頭、猫は590頭まで減少。

合計殺処分数は政令指定都市で少ない方から数えて10番目だった。

一方で、ふんの放置や鳴き声などへの苦情は11年度計1538件と依然多い。


福岡市の動物福祉団体「ライフリレーネットワーク」代表の木本美香さん(50)は「

犬や猫が好きな人も嫌いな人も野良犬、野良猫を減らしたい思いは同じ。

今後も不妊去勢手術などむやみに増やさない方法を広めたい」と話した。【木下武】

〔福岡都市圏版〕                         (転載おわり)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京杉並区で昨年(2012年)、「杉並どうぶつ相談員」が実施したアンケート調査によれば、

猫について、約9割の飼い主(区民)が、「屋内飼育」「不妊去勢済み」と回答しています。

地方ではまだまだ、不妊去勢をせずに屋外に出ている飼い猫が多いので、こうした猫たちの不妊去勢を

進めていくだけでも、殺処分の削減につながると思います。犬についても同様です。

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。