【福島原発避難区域・動物レスキュー】福島県、25日より残されている家畜の殺処分を開始

福島県は、明日25日から、原発避難区域に残されている家畜の致死処分を開始します。

(以下、産経 MSN ニュースより引用)

警戒区域の家畜、所有者同意で殺処分も 福島県 25日から緊急的措置 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110424/dst11042412370012-n1.htm
 2011.4.24 12:34

【福島県は24日、東京電力福島第1原子力発電所周辺の立ち入り禁止の警戒区域内に残されたり、放牧されたままになっている牛や馬などの家畜について、所有者の同意があれば殺処分を含む「緊急的措置」を行うことを決めた。

 区域内の衛生管理などが目的。25日から県内の家畜保健衛生事務所の獣医師らがチームを組み、放射線量が高い大熊、双葉、浪江町を除く6市町村に順次立ち入る。

 死亡した家畜に消石灰をまき、ブルーシートで覆うほか、ひん死状態や放置された家畜は、所有者の同意が得られれば殺処分する。健康な家畜は畜舎に戻すなどするが、国の方針が出ていないため、域外への搬出は難しいという。

 県によると、警戒区域内には東日本大震災の発生前、牛4000頭、豚3万頭、ニワトリ63万羽、馬100頭がいたという。

 初日の25日は、南相馬市小高区が対象。獣医師など数名が2班に分かれ、防護着着用で作業に着手する】
                                     (引用、終わり)

************************************************
     
遅すぎる…。
目的は衛生管理。こうした名目が無いと行政は動けない。いや、動かない。
水もなく、餌もなく、取り残され、苦しみ、苦しみ抜いて…餓死。
この国に、動物に対する人道的配慮があったならばと思うと…無念…
マンパワー不足だけを理由にはできないでしょう。
補償が決まればいいというものではないでしょう。

健康な家畜は厩舎などに戻すなどするが…
  世話をする人間の確保は?

獣医師など数名が2班に別れ…
  この規模では、一体どれくらいの日数がかかるか…

国の方針が出ていないため、域外への搬出は難しい
  では、結局、致死処分するしかないのではありませんか?

「国の方針が出ていない」のは、動物にかぎったことではなく、
この週末に新聞を拾い読みしただけでも、

・計画的避難区域に指定され、5月末までに住民の避難を終えるよう求められた葛尾村の幹部は、
「村の力だけでは無理」
 国側からは、避難の具体策や役割分担が示されておらず、白紙だという。

・一時帰宅の件はどうなっているのでしょうか。
 「警戒区域」にして封鎖した理由は、放射能ではなく「防犯対策」です。
    (報道ステーションでコメント、南相馬市長も、防犯と発言)

・23日、第2回「復興構想会議」がひらかれたが、
 被災県からの提案実現への道筋ははっきりしない。
 具体化の役割をになう管政権の体制が固まっていないからだ。
 
 被災地支援のボランティアとの連携も調整が難航しているとのこと。

つまり、天災から、人災、管災になっているのではないか…
官邸の指揮系統がマヒしている…

しかも、統一地方選なんてことをやっていて…
選挙があれば、国会議員は地元に張り付かなければならないでしょう。

福島県民の皆さま、絶望され、気力をなくしているのかもしれませんが、
もっと怒って、怒って、怒りの声をぶつけてください。
地元の声がもっともっと届かないと、
この政権は動きませんよ。

これ以上、原発の犠牲者にならないでください。
国民は総じて一過性、声を上げつづけなければ、忘れられるのは時間の問題…

原発避難区域に残されている犬や猫についても一刻も早い対応が必要です。
規制をとりはらって、官民の連携で早急に動かないと…
残されている動物たちに、救出まで餌を与えること、
避難区域から連れ出すこと、

実行してください。

犬猫については、環境省が動いているということですから、
一刻も早い救援を要請しましょう!
   ↓
環境省・動物愛護管理室
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=13402
このページの、傍聴申し込みのメールアドレスからメールしてください。
    FAX:03-3508-9278

☆神奈川県動物愛護協会、ALIVEなどが、警戒区域設定に伴い、政府などに、提案書を提出しました。
  http://www.alive-net.net/animalfactory/apeal/youbou20110421.htm

☆民主党・岡本英子議員のブログ
 http://ameblo.jp/okamoto-eiko/

20110423007jd忠犬
家族がいる場所を、被災地で一晩中ほえ続けて知らせた犬 (河北新報)
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110423t15020.htm

souma-dog_20110418201033.gif
南相馬市の犬たち http://tora7.ciao.jp/dog-sos/  飼い主さん、みんな、がんばっています。迎えに来てください!

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR