杉並区からの猫の引き取り収容数 大幅減!

東京都杉並区から都動物愛護相談センターに引き取られる猫の数が大幅に減っていることが分かりました。

引き取り収容数

平成15年 382頭    →  平成23年 48頭


★平成15年から毎年減り続けています。

平成16年度から区による「飼い主のいない猫を増やさない活動支援事業」も始まり、この事業の効果もあると
思います。これは、近隣の理解・協力を得て、ボランティアのグループ活動により、
飼い主のいない猫の世話・管理をしながら数を減らしていく事業です。

区内の動物死体処理数(清掃事務所)も、平成15年 1489頭から、平成23年 876頭に減っています。


人口54万を超える杉並区で、東京都動物愛護相談センターによる年間の引き取り数48頭!

区内では、複数のボランティア団体や「東京都動物愛護推進員」「杉並どうぶつ相談員」、個人ボランティアが

活動しています。

地域の住民の方々も、外猫に不妊去勢をしたり、寄付など、ボランティアのサポートをして下さっています。

皆さまの活動と努力の成果ではないでしょうか。

杉並区としても、もっとPRしていい数字だと思いますが・・。

これからも、出来るかぎり、飼い主のいない猫を減らし、殺処分削減に向けてがんばりましょう。

なお、2012年に「杉並どうぶつ相談員」が行ったアンケートによれば、

猫の「屋内飼育」は9割、「不妊去勢済み」も9割に達しています。

区民の意識や理解を高めるため、啓発活動も重要です。

DSCN1952_convert_20110704202834.jpg
これからも、がんばろうね!  タマより

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR