スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の富豪、NYタイムズ買収に意欲

中国の富豪・陳氏、NYタイムズ買収に意欲

2014年1月3日

(以下、朝日新聞デジタルより転載)
http://www.asahi.com/articles/ASG125CHBG12UHBI00Z.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中国江蘇省の企業経営者、陳光標氏が米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)の買収に意欲を見せていると、
米中の複数のメディアが2日までに報じた。

陳氏は近く訪米し、「5日にNYTの有力株主と交渉する」としている。


陳氏は中国メディアの取材に、「NYTは世界で最も影響力がある新聞だ」と

買収を目指す理由を説明。

同社の企業価値を10億ドル(約1050億円)と見積もり、

香港の富豪にも出資を呼びかけて買収資金を準備したという。


ただ、NYTの時価総額は約24億ドル(約2500億円)で開きがある。

議決権を行使するにはオーナー一族の持つ特殊な株式を買い取る必要があり、

買収が実現するかは微妙だ。


NYTはネットの普及で新聞広告の収入が急減し、厳しい経営が続いている。

昨年8月に傘下の有力新聞ボストン・グローブを売却するなど、

事業の「選択と集中」を加速させ、経営効率化を進めている。

オーナー一族は昨夏、NYT本紙を売却する考えはないことを表明していた。


報道によると、陳氏は買収できない場合は、代わりにNYTの大株主になることや、

ウォールストリート・ジャーナルやCNNなど他の有力メディアの買収に乗り出すことを検討するという。


陳氏はリサイクル事業で成功し、総資産は約50億元(約850億円)とされる。

中国では慈善活動家としても有名で、風変わりな言動がしばしば報道される。

2012年8月には、NYT紙に「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は中国のもの」という広告を出したこともある。

(北京=斎藤徳彦、ニューヨーク=畑中徹)

                            (転載おわり)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新年早々、びっくりするような話だ。

陳氏の買収計画が個人的なものなのか疑問。

おそらく中国政府が今、世界で最も嫌厭する新聞はNYタイムズであるはず。

大株主なんぞになられても、言論封殺に通じる。

中国にNYTを売り渡そうとする有力株主は誰?

アメリカ国民が、買収の企てを指をくわえて眺めているなら、アメリカはもう終わっている、

といっても過言ではない。

企業広告の減少を、市民のfund raisingでカバーできないのだろうか。


アメリカの、世界の良心を見捨てるな、と言いたい。

(m)

ちなみに、我が家はNYT国際版を購読しています。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。