スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井の頭自然文化園 象のはな子 64歳のお祝い会




 2011年1月29日、冬晴れの寒々とした土曜日の午後、国内最高齢のアジア象、はな
子の64歳のお祝い会がひらかれ、300人以上が参加しました。

 かつて人身事故を起こしたため、鎖で脚をつながれ、来園者から石を投げられた
り、つらい時期を過ごした、はな子。すっかり人間不信になったはな子を、つきっき
りで世話した飼育係の山川清蔵さん。今は、息子の宏治さんたち4人の担当者が世話
をしています。(「父が愛した象のはな子」 山川宏治著)

 この日、はな子には、バナナやリンゴ、サツマイモなどで作ったケーキがプレゼン
トされました。でも、はな子はケーキより、飼育係さんが気になる様子。脚を上げた
り、曲げたり、お得意のステップを披露して、気を引こうとします。

 幼い頃から、はな子を見に来ていた私ですが、コンクリートの運動場と見学者とを
隔てるコンクリの溝は、子供心にも自然からほど遠い人工的な冷たさを感じて、はな
子を気の毒にも思いました。何十年も、この場所から、毎日同じ景色を見てきた、は
な子。飼育係の愛情が、はな子を支えてきたんですね。

 思えば、はな子の歴史は、戦後の動物園の歩みを象徴しています。今や「環境エン
リッチメント」ということがしきりに言われますが、日本の動物園も大きな変革期を
迎えているように思えます。

 この日、集まった大人も子供も、はな子を見守っているようでした。

 はな子、ありがとう!
 私たちも、一生懸命、生きようね!(m)

はなこのてぬぐい
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。