スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太地のイルカ漁 <伝統ではなく、イルカを守れ>

Defend dolphins, not a 'tradition'

(THE JAPAN TIMES 2014.2.2 「ジャパンタイムズ」社説より翻訳転載します)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1月中旬、'The COve'で有名となった西日本・太地町近くの入江に

250~500頭のイルカが追い込まれた。少なくとも100頭のイルカが殺され、食肉となった。

残りのイルカは梱包され、水族館に売られた。

イルカたちは集められ、屠殺され、毎年売られている。

しかし、今年、保護団体とCNNがイルカ漁の映像をネット上に掲載した。

その映像からは、心のかけらさえ感じられない。

人道的な方法で殺しているという主張とは裏腹に、

漁師たちは、パニックに陥ったイルカの頭や背中をめった刺しにし、失血死するまで放置。

入江全体がイルカの血で真っ赤に染まった。


安倍首相は、CNNのインタビューでイルカ漁を擁護した。

菅官房長官は記者会見で、「イルカを含む海洋哺乳類は非常に大切な海洋資源」と語り、

「イルカ漁は我が国の伝統的な漁法の一つで、法令に基づき適切に行われている」と述べた。


イルカを集め、捕らえ、虐殺することを'伝統'とみなす彼らの論理は薄弱である。

過去における多くの文化的とみなされた行為、例えば、奴隷制や売春宿や斬首は、倫理的な理由から廃止された。

伝統や文化は、新しい科学的発見や、倫理基準の進化に伴い変わるものである。

加えて、太地のイルカ漁が大規模な行事となったのは1969年以降で、その歴史は極めて浅い。


屠殺が法律の原則に則っているという彼らの言い分にも問題がある。

映像を見た獣医師や動物行動学者らは、今年の太地のイルカ漁の方法は世界の先進諸国のどの屠殺場

においても許容できるものではないと述べた。

実際、日本で牛や他の家畜をこのような方法で殺すとしたら、議論を呼ぶのではないだろうか。


日本の法律は、畜産動物を屠殺する方法について、動物の苦痛を出来るだけ少なくするよう定めている。

漁師が海中に潜って、イルカをナイフで刺すのは法律が定めたガイドラインに合致しない。

動物を傷つけ、長時間にわたって絶望的に苦しませ、もがきながら死にいたらしめることは、

先進的な社会で適用されている動物福祉の基準に反する行為である。


日本はすでにチンパンジーのような動物に対する侵襲的なリサーチや施術を止めている。

知的な動物種は、彼らの知能、苦しみを感じる能力、複雑な社会的関係によって、

人間と特別に近い距離を保ってきた。

イルカは混乱とストレスで自殺さえしてしまうことが知られている。


日本には他の伝統もある。

それは、自然と生き物への敬いである。

その伝統こそ守ってもらいたい。

イルカ漁は非人道的な習慣であり、廃止されることを願う。

                           (転載おわり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事に賛同します。                     転載歓迎

キャロライン・ケネディー大使の発言にも賛成です。

安倍首相や菅官房長官は、イルカの血で真っ赤に染まった海を見に行ったらどうですか。

イルカ漁を擁護する人たちも見に行けばいい・・

イルカの苦痛の叫びを聞きにいけばいい・・

自分の子や孫に見せたい光景ですか?

イルカ漁を批判されるとすぐに「伝統」という言葉を持ち出し、思考停止状態になる。

1969年以降に行事化した「伝統」です。

人権問題にきわめて疎い安倍首相は、アメリカやヨーロッパの首脳が出席を固辞した

ソチオリンピックの開会式に満面の笑みを浮かべて出席するようです。

世界の首脳が出席した人権活動家・マンデラ氏の葬儀には、もちろん欠席しました。

安倍首相や政府の、このところの一連の動き・・日本は世界から変な目で見られていると感じます。

昭恵夫人は動物愛護に熱心ですが、イルカ漁のことはどう考え、どう行動するのでしょうか?

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

転載させて下さい。

本当に酷いイルカ猟だと思い、怒りが収まりません。
日本ではごく一部の人間たちが、イルカ猟を行っているのに、日本人全員がイルカ猟に賛同している様に見られるのが、堪らないです。
日本人全員が野蛮人だと思われるのです。
殆どの日本人には、いい迷惑です。
反対している人も沢山居るのに。イルカなど食べた事が無い人も殆どなのにです。

私が思うには、イルカ猟など日本の文化でも何でも無く、最近までそんな事が行われていたなんて知りませんでした。
極々一部の人間の為に残酷な猟が行われているなんて、イルカも可愛そう過ぎます。
漁師も、普通に魚を捕れば良いのに、何故イルカに拘るのでしょう。
意味が分からないです。

Re: 転載させて下さい。

pome1952様

転載は自由ですので、よろしくお願いします。

BBC,ABC,ガーディアン他、海外の主要メディアがイルカ漁の

残酷さを報道しています。イギリス大使も批判のツイート。

ほんの一握りの太地町の人々のせいで、日本人全体のイメージが悪くなり、

ひいては、日本のイメージを損なうことを、現在の国際状況もあって懸念しています。

大方の日本人はイルカ漁の実態を知りません。

日本のマスコミもビクビクせずに実態を報道すべきです。

No title

>イルカ漁を批判されるとすぐに「伝統」という言葉を持ち出し、思考停止状態になる。
1969年以降に行事化した「伝統」です。

こんばんは 太地町では400年前からクジラ、イルカ漁をして食文化となっています。イルカは、従来から太地で行われていた棒突き漁から、静岡から技術指導を受けて1969年より追い込み漁をしていますが、漁法の導入年のみを取り出して追い込み漁は近年に始めたもので「伝統」でも何でもないとでも言いたいのでしょうか?あたかも1969年に初めてイルカ漁が始まったかのような印象操作に思えました。私は立派な地域としての伝統だと思います。イルカを食べない外国人や日本の他地域の人間がどうこう言う問題ではないと思います。牛肉を食さないインド人が牛を食べるなと他国を批判したりはしないですよね。あなたは、批判を繰り返す欧米人と同じく、やはりイルカは可愛い、頭がいいから食べるなとでも思っているのでしょうか?
また、安倍首相のマンデラ氏追悼式典欠席について批判的に書かれていますが、日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)の特別首脳会議を12月13~15に控えていたことはご存知でしょうか?以前、国会も閉会して出席できるはずなのに行かなかったのは人権に疎いというようなことを言われていましたが、日本にとってもASEANにとっても中国の脅威が増している中でこの会議がどれだけ重要であったか、事前調整も含めて欠席せざるをえない状況を考える必要があります。マンデラ氏の式典にASEANの首脳がどれだけ出席していたでしょうか?また、皇太子殿下が出席されたことも記されていましたが敬称もつけないのはどうかと思いました。

Re: Re: No title

> さらさま
>
> コメントありがとうございます。
>
> あなたは「動物福祉」の観点から考える感覚をお持ちでないようなので、
> 返信しても平行線だと思いますが・・。
> まず、太地が伝統的に行ってきたのは捕鯨であり、イルカではありません。
> 沖合いでゴンドウクジラの突棒はしていましたが、イルカの追込み漁は富戸で習い、
大規模に行事化していったのは1969年以降です。(イルカもクジラの一種ではありますが)。
> ちなみに、突き棒も残酷な方法ですね。
> 屠畜はなるべく苦痛を与えない方法で行うべきです。
>
> 太地の漁民の生活のためというなら、政府は埋め立て工事の際のように、補償金を支払い、追込み漁を
> 廃止した方が日本の国益にかないます。オノヨーコさんの声明に賛同します。
>
>
> 「また、安倍首相のマンデラ氏追悼式典欠席について批判的に書かれていますが、日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)の特別首脳会議を12月13~15に控えていたことはご存知でしょうか?以前、国会も閉会して出席できるはずなのに行かなかったのは人権に疎いというようなことを言われていましたが、日本にとってもASEANにとっても中国の脅威が増している中でこの会議がどれだけ重要であったか、事前調整も含めて欠席せざるをえない状況を考える必要があります。マンデラ氏の式典にASEANの首脳がどれだけ出席していたでしょうか?また、皇太子殿下が出席されたことも記されていましたが敬称もつけないのはどうかと思いました。」
>
> マンデラ氏の追悼式典は12月10日、ASEANは13日からですから、行く気があれば調整は
> 十分可能でしょう。オバマ大統領も他の首脳も分刻みのスケジュールをやりくりして出席したのですから。
> ASEANの多くの国は国内に人権問題を抱えていますから、出席はしないでしょうね。
> 安倍首相も、おおかたの日本人も、人権問題には無関心であり、疎いと思います。

No title

こんばんは 私も、動物福祉をゆがんだ形で捉えている方との話は平行線になるのは承知の上で書かせていただきます。
まず、太地ではイルカもクジラも長きにわたり伝統的に食していますよ。現在のような追い込み漁は言われているとおり1969年から行われていますが、それ以前はイルカを捕ることも食することも一切していなかったかのような書き方「1969年以降に行事化した伝統」は歴史が浅いとでも言いたいかのような印象操作に感じたのです。

http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/071500/iruka/

マンデラ氏の件は「行く気があれば調整 十分可能でしょう」という発言、外交というものをきちんと理解する必要があります。アセアン諸国は国内に人権問題があるから式典欠席、人権に疎いとはおかしな論理でありアセアン諸国に失礼な考え方です。敬称のことも含め、反日メディアである朝日新聞をいつも引用しているのでそのような考えになるのでしょうか。

Re: No title

さら様

なるほど、あなたも百田氏の類ですか。

> http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/071500/iruka/
           ↑
和歌山県の見解として、「1969年以降に行事化」とは書けないでしょう。

時代の変化とともに、形を変えたり、観光化したり(上げ馬神事や相馬野馬追いなど)、
廃れてしまった伝統行事は多々あります。
イルカの追込み漁は伝統とは言えませんが。

> マンデラ氏の件は「行く気があれば調整 十分可能でしょう」という発言、外交というものをきちんと理解する必要があります。アセアン諸国は国内に人権問題があるから式典欠席、人権に疎いとはおかしな論理でありアセアン諸国に失礼な考え方です。敬称のことも含め、反日メディアである朝日新聞をいつも引用しているのでそのような考えになるのでしょうか。

外交をきちんと理解すべきは安倍首相ですね。
外務省が中韓との関係改善を模索しているさなかに靖国参拝をして
努力を水泡に帰しただけでなく、同盟国のアメリカからも「失望した」と声明を出される
外交感覚の無さ・・

ASEANの国々の中で、政治に関して自由な言論や人権を担保している国は少ない、それが事実です。

朝日新聞は反日なのですか?

ちなみに、イルカ漁は「ジャパンタイムズ」の記事を翻訳転載しています。




No title

追い込み漁が伝統文化とは県の見解で一言もいってないですよね。イルカ漁、すなわちイルカを捕って食してきたことが地域文化であるということです。漁法が伝統であると曲解して批判していませんか?

外交をきちんと理解すべきはあなたです。マンデラ氏の追悼式典が人権に疎いかどうかの基準になっているように思えます。ASEANの国々の中で、政治に関して自由な言論や人権を担保している国は少ないから国のトップが式典欠席したと本気で思っているのでしょうか。
朝日新聞が反日だということ今気づいたのですか。これまでの反日捏造記事でどれだけ国益を損ねたか知るべきです。イルカ漁の記事で朝日~と書いたのではなく、過去の記事引用が朝日が多いのでそっちの側の人間なのかなと感じたのです。

Re: No title

> 追い込み漁が伝統文化とは県の見解で一言もいってないですよね。イルカ漁、すなわちイルカを捕って食してきたことが地域文化であるということです。漁法が伝統であると曲解して批判していませんか?

その漁法が非人道的で問題だと書いてるのです。

カンボジア、べトナム、改善しているとはいえミャンマーなど、ASEANの国々の中で、自由な言論や人権を担保している国は少ないです。警察国家とさえいわれるシンガポールですら、マンデラ氏の追悼式には副首相と財務相(現役の閣僚)が出席しています。ASEANではありませんが、あの中国ですら、国家副主席が参列しています。国際的な外交のアンテナはあるのでしょうね。

> 朝日新聞が反日だとでいうこと今気づいたのですか。これまでの反日捏造記事でどれだけ国益を損ねたか知るべきです。イルカ漁の記事で朝日~と書いたのではなく、過去の記事引用が朝日が多いのでそっちの側の人間なのかなと感じたのです。

私は皮肉を込めて書いたのですが、お分かりにならなかったようですね。
そっち側って?(笑)狭量ですね、外国から批判されると、すぐカッとなる・・

返信するのも面倒なので、自論はご自分のブログなりで展開してください。

頭を冷やして、オリンピックでも楽しんではいかが?





Re: Re: Re: No title

> さら様

 ジャパンタイムズの社説に賛同します。

 私の記事を印象操作と感じるなら仕方ないですね、その意図はありませんが。

これ以上、ネトウヨとやり取りをするヒマはありませんので、
あしからず。

朝日新聞以外も読んでおりますので、どうぞお構いねぐ~
プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。