デンマークで、またキリンの殺処分!?

デンマーク、動物園のキリンまた殺処分か

AFP=時事 2月14日(金)8時13分配信

 (以下、yahooニュースより転載)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140214-00000006-jij_afp-env

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【AFP=時事】デンマークのコペンハーゲン動物園(Copenhagen Zoo)

で健康状態に問題のないキリンのマリウス(Marius)が9日に殺処分され

世界中から怒りの声が上がったが、同国の別の動物園は13日、

偶然にも同じマリウスという名のキリンが同じ運命をたどることになるかもしれないと発表した。

ヘアニング(Herning)市近郊のユランズ公園動物園(Jyllands Park Zoo)は、

同動物園で飼育されているキリンのマリウスが、

その遺伝子が交配に不適切という理由で殺処分となる可能性があると明らかにした。


マリウスは7歳で健康だが、その遺伝子はすでに欧州絶滅危惧種救済プログラム

(European Endangered Species Programme、EEP)に登録されているため、

交配の優先順位が低くなっている。

同園は、1年ほど前にEEPに参加。

EEPがマリウスよりも交配優先順位がより高いとみなす純血種の雄を昨年4月に受け入れた。

ある飼育員は、「もし雌が来たらマリウスは飼えない、雄が2頭いたらけんかになるから」と話している。

さらに、「新たな純血種が入ってくる時期は、交配コーディネーターに一任されている」として、

もしEEPがマリウスの新しいすみかを見つけられなければ、同園で殺処分されることになるという。


これを受けて動物愛護活動家らは新たに批判を強めている。

ロシア・北カフカス(North Caucasus)地方、

チェチェン共和国のラムザン・カディロフ(Ramzan Kadyrov)首長も殺処分に反対している1人で、

写真共有サービス「インスタグラム(Instagram)」の自身のアカウントに

「人道的配慮から、マリウスを受け入れる用意がある」と投稿し、

マリウスには「良い飼育条件と健康管理を保証」し、

新たな「流血の見せ物」を回避したいと表明した。【翻訳編集】 AFPBB News

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また殺すんでしょうか、デンマークの動物園は・・。

今度こそ止めて欲しい!!

世界からの反対を無視し、非人道的な方法しかとれないというのなら、

動物園のスペースにも交配計画にも倫理的にも問題があるので閉園してください。

動物園がこのように動物を殺処分し、人々の心を傷つける所なら、「動物園」は不要です。

欧州動物園水族館協会も、このような交配計画を認めるべきではなく、

計画を見直し、マリウスの受け入れ先を探す協力を惜しまないで下さい。

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR