野毛山動物園の「園内リサイクル」ふれあい動物をエサに

ふれあった動物がエサになる 残酷な「園内リサイクル」
http://dot.asahi.com/aera/2014021900004.html
2014/2/19


猛禽類や爬虫類がネズミなどを食べるとはいえ、教育の場でもある動物園としては異常な行為です。

見せかけの「ふれあい」から何を学べるのでしょうか?

子どもたちにもてあそばれたあげく、成長すると地面に頭をたたきつけて殺されるとは・・。

「人道的」の意味を違えています。

動物愛護管理法の終生飼養に努めないどころか、動物虐待にあたる違反行為です。

動物園が終生飼養に努めずして、子どもたちに終生飼養を唱える矛盾。

動物園に勤めているからといって、動物に関心がある、とは言えないのが現状です。

子供たちへの愛護教育も、ふれあった後に動物がぐったりするなど、

動物福祉のうえで問題となることが、動物愛護管理法改正にあたって論議されました。

確かに、一方的な「ふれあい」で、命について学べるとは思えません。

自分で動物の世話をしてみることが大切では?

糞尿の片づけもする、病気になったら看病する、困難を一緒に乗り越える、

そして、最期を看取る・・そこまでやって、分かってくる命の大切さではないでしょうか。

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

ショックです

幼い頃、野毛山動物園の近くに住んでいて、よく連れていってもらいました。小動物にふれ合ったのも、覚えています。(今は動物園には、見るのがつらくて行けませんが・・・)ここは、入園料が無料だったんですよね。今でもそうなのかな。なぜ入園料をとって、動物飼育の環境を良くしないのか、以前から疑問でした。まさかこんなシステムになっているとは!

Re: ショックです

kunta様

今でも無料のようです。なぜ有料にしないのでしょう。トラ、ライオン、ヒョウ、ツキノワグマなど大型哺乳類
もいるようですが、どのような飼育環境なのか懸念されますね。
「なかよし広場」で子供たちに接している飼育員のおねえさん、平気なのかな・・
プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR