長野市 12年度の殺処分率9.25%を達成

「犬・猫にやさしいまち」長野、低い殺処分率

  (以下、信毎webより転載)
http://www.shinmai.co.jp/news/20140222/KT140213ATI090023000.php

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
長野市保健所が2012年度に収容した犬や猫のうち殺処分になった割合(殺処分率)は9・25%で、

保健所を設置している都道府県と全国の政令指定都市、中核市計107の中で最も低かったことが

21日、市保健所や環境省への取材で分かった。

市保健所は「殺処分ゼロ」を目指して、ボランティアの協力を得て

譲渡先が見つかるまで飼育してもらうなどの取り組みに力を入れており、

飼い主や新たな譲渡先に引き渡した返還・譲渡率は88・77%に上る。


市保健所が12年度に保護したり、飼い主らから引き取ったりした犬、猫は計454匹。

うち252匹は譲渡、151匹は飼い主の元に返した。殺処分(自然死を含む)は42匹だった。

その他(けがをした猫を保護し治療後に放すなど)は9匹。


長野市は04年度まで殺処分率が70%を超えていたが、

09年度から、1週間程度としていた引き取り期限をなくし、

元の飼い主や新たな譲渡先が見つかるまでボランティアや保健所が飼育を続けることにした。

殺処分するのは病気やけがで回復の見込みがない場合とした。

現在も、ホームページで収容した犬や猫の写真など情報を提供し、毎月1回譲渡会を開くなどしている。


飼育などを担うボランティアは市内外に20団体計37人いるという。

市保健所の笠原和浩さん(43)は「引き続き、飼い主が責任を持って飼育するよう呼び掛けていく」とする。


環境省動物愛護管理室によると、107自治体の殺処分率は12年度が

平均77・3%(処分数17万2378匹)で、返還・譲渡率は同22・54%。


長野県が設置した10保健所の殺処分率は平均55・15%(処分数1863匹)、

返還・譲渡率は同44・40%。

県の担当者によると、長野市保健所に限らず、県の10保健所が収容した犬、猫の殺処分も減る傾向にある。

飼育や譲渡のために奔走してくれる各地のボランティアの存在が大きいという。
                         
                          (転載おわり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年の動物愛護管理法改正(今後10年で殺処分数を半減)の施行を受け、

全国の自治体で殺処分の見直しが進められています。

長野市のように、ボランティアと協働し、引き取り期限をなくして欲しいものです。


松本保健所のボランティアさんも奮闘中。
  ↓
「いぬの会」松本保健所 散歩ボランティア
http://inunokai.blog.fc2.com/

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR