福島・警戒区域 立入禁止から3年 牛の涙

思い重ねて:東日本大震災3年 牛の涙、忘れない 
福島・楢葉で世話を続けた牧場主 激励の手紙「いつかお礼を」



(以下、毎日新聞 2014年04月28日 東京夕刊より転載)
http://mainichi.jp/shimen/news/20140428dde041040054000c.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「瀕死(ひんし)の牛に『ごめん』 最後の世話 1日分の餌」−−。


忘れられない取材がある。2011年4月21日、福島県楢葉町の蛭田(ひるた)牧場。

干し草を積むトラックが着くと130頭の牛が鳴き出し、我先にと餌を食べ始めた。

牛舎で栄養不足の子牛が息絶えようとしていた。「何もしてやれなくてごめんな」。

牧場主の蛭田博章さん(45)は涙を浮かべ、牛の背をなでた。

20140428dd0phj000143000p_size5.jpg
瀕死の子牛の背をなでる蛭田さん=福島県楢葉町で2011年4月21日


東京電力福島第1原発事故を受け、原発の半径20キロ圏内は

翌22日から立ち入り禁止の警戒区域になることが決まった。牧場は原発から19キロ。

事故以降、蛭田さんはいわき市の避難先から3日おきに餌やりへ通っていた。

「最後の世話」の見出しがついた記事は22日朝刊(東京本社発行紙面)に掲載された。


だが、それは「最後」にはならなかった。

蛭田さんはその後も抜け道を車で2時間走って牧場に通った。

「どうしても見殺しにはできない」。すぐ後に異変は起きた。


5月上旬、牧場へ着くと、牛50頭が牛舎から外に出ていた。誰かが牛舎の柵をこじ開けていた。

半分は牛舎に戻せたが、残り半分はぬかるみにはまって動けなくなり、助け出せずに死んだ。

その後、牧場に「牛を殺すな」との張り紙がされた。


自分が書いた記事のせいではないか−−。電話で蛭田さんから事情を聴き、申し訳ない気持ちになった。

    □

今年3月、蛭田さんと再会した。ずっと気になっていた牛の最期を聞かせてもらった。

3日おきの餌やりにもかかわらず、栄養不足や夏の熱中症で次第に数は減り、

11年末に10頭になった。

研究機関から、警戒区域の動物の残留放射線量を調べる検体にする提案を受けた。

「牛の命が世の中の役に立てるなら」と承諾した。


11年12月27日。穏やかな青空が広がっていた。

横たわってかすかな息をしている牛に注射をし、安楽死させる作業が粛々と進んだ。

最後の1頭は、4歳の雌牛だった。骨と皮だけで辛うじて立っている。

暴れないよう固定具を付ける際、元気な牛なら逃げ回る。だが、その時は向こうから近づいてきた。

蛭田さんが固定具を付けると、牛の大きな目から涙がこぼれた。


蛭田さんは今、楢葉町の農業復興組合で除染後の農地の保全活動に携わっている。

祖父(93)が創業した牧場は、震災前は県内有数の規模だったが、再開は見通せない。


蛭田さんは一時、自殺も考えた。だが「支えてくれているものがある」という。

あの記事が出た際、全国から激励の手紙が寄せられた。数人と今も文通を続け、

「お体に気をつけてください」などのささいな言葉にいつも励まされる。


「牛がつないでくれた縁。まだ会ったことのない方々ですが、いつか直接お礼を言いたいんです」

はにかむような笑顔だった。 【袴田貴行】

                      (転載おわり)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

2011年4月22日・・もう一つの忘れてはいけない日

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR