岩手県でクマの出没急増 過去10年で最多

岩手でクマ出没急増 過去10年で最多 注意呼び掛け

2014年5月11日

(以下、河北新報より転載)
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201405/20140511_33016.html

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
岩手県でクマの出没が急増している。4月の出没数は125件で過去10年で最多。

昨年秋、餌のブナの実が豊作となり、栄養状態が良くなったことで出産が増え、

雌グマの活動が活発になっているのが要因とみられる。県は8年ぶりとなる

「ツキノワグマの出没に関する注意報」を出し、注意を呼び掛けている。


岩手県自然保護課によると、4月のクマの出没数は前年比61件増。

クマに襲われ、けがをしたケースは10日までに5件あり、前年同期の1件を上回っている。

うち2件は子連れのクマだった。


森林総合研究所東北支所(盛岡市)によると、昨年秋は冬眠前のカロリー源となるブナの実が豊富で、

栄養を摂った多くの雌グマが出産したとみられる。雌グマは母乳を与えるため、

より多くの餌を求めて動き回っているという。


ブナの実は豊作の翌年に不作となるケースが多い。9月ごろをピークに、

ブナの実の代わりとなる餌を求めるクマが多くなる見通しだ。

同研究所の大西尚樹博士(41)は「子連れのクマが警戒心が強いので一層の注意が必要だ」と話す。


県はクマ被害の増加を受け、県が許可している有害駆除の判断を市町村に一部委ねる方針を決めた。

市町村の過去の実績に見合った駆除頭数を事前に割り当てることで、

市町村の判断で迅速に対応できるようになる。開始は6月1日。

県自然保護課の小野寺利幸総括課長は

「ことしの危険度は非常に高く、各市町村の判断で弾力的に対応してほしい」と話している。

                    (転載おわり)
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ブナが豊作の翌年は不作や凶作になることが多いそうです。

人身事故や農業被害を未然に防ぐことが、クマの命を守ることにもなります。

行政には、迅速かつ十分な広報をお願いいたします。

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 岩手県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR