動物との共生フォーラム

Friends of Nature & Animals Forum

アフリカゾウの涙~深刻なゾウの密猟を知ろう~

以下、アフリカゾウの涙のHPから転載させていただきます。

ゾウのいない地球

アフリカゾウのいない地球は10年後。。。

15分に1頭殺されています!!

昨年38000頭のアフリカゾウが密猟の犠牲になりました。

ハンコや装飾品など日本を含むアジアの象牙需要を満たすためです。

象牙の国際取引はワシントン条約によって禁じられているにも関わらず、

象牙需要が減らない世の中では密猟と違法取引がアフリカゾウの存在を脅かしています。

このままでは、あと10年で地球からアフリカゾウが消えてしまいます。

日本人としてアフリカゾウの絶滅に貢献するのではなく、

未来の地球に、私たちの子供たちに、

野生のゾウを残せるように、私たちと一緒にゾウの保護活動に賛同してください!

アフリカゾウ
Photo by: Christine et Michel Denis-Huot

イベント

ケニア在住獣医師、滝田明日香さんが講演。現地からの報告です。

5月/MAY ☆滝田明日香来日イベント☆

一般に公開されるイベントのみのご案内になります

5月21日 東京 13:30〜 講演 ペット研究会『互』主催 予約制 詳細

5月21日 東京 18:30〜 講演 道祖神(東京)主催 予約制 詳細

5月25日 東京 15:00〜 アフリカゾウの涙 メインイベント 予約無し

5月29日 新潟 13:30〜 講演 新潟市動物ふれあいセンター 詳細


6月/JUNE ☆滝田明日香来日イベント☆

一般に公開されるイベントのみのご案内になります

6月01日 大阪 13:30〜 講演 道祖神(大阪)主催 予約制 詳細

6月03日 宮崎 13:00〜 講演 宮崎大学主催 予約無し 詳細

6月06日 東京 18:30〜 講演 BIG ISSUE 主催 予約制 詳細

6月08日 岡崎 13:30〜 講演 岩津ゼミ主催

☆横浜ズーラシアでイベント☆
横浜ズーラシアでアフリカゾウのパネル展示をしています。
写真は動物写真家の山形豪さん提供です。

買わないで!あなたが購入した象牙がテロの軍資金に。。。


HELP! お手伝い探しています!

アフリカゾウの涙のキャンペーンカードを置いて頂けるお店やカフェ、

獣医クリニック、イベントなどを探しています!ご近所で心当たりありませんか?

もし置いて頂ける場合、PDFから印刷して配布して頂くか、

こちらから印刷したものを送らせて頂きます。是非ご協力宜しくお願い致します!

お手伝いできる方はご連絡ください!


(転載おわり)

★記事やイベントの詳細、寄付、ポスターの協力などは
アフリカゾウの涙のHPやFBをご覧下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先日、デパートで開催された職人展のチラシに、象牙の布袋様の写真が載っていました。

ネット通販でも象牙製品を見かけます。

日常、なにげなく使っている印鑑や数珠、象牙ではありませんか?

そのために絶滅の危機にあるアフリカゾウの命が奪われているのです。

先ずは知ることから始めましょう。

密猟の根絶のために。

地球から、美しいアフリカゾウという生きものを守るために。

ご支援、よろしくお願いいたします!

関連ニュース:
ゾウの密猟急増、テロ集団の資金源
ナショナルジオグラフィックニュース
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20140515001

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:動物保護 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2014/05/18(日) 00:33:19|
  2. 野生動物 その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<豊橋のゾウ マーラ リハビリ最新情報 | ホーム | 鳥獣保護法改正 クローズアップ現代を視聴して。>>

コメント

No title

個人的には「象牙買うな」が根本的な問題解決になるとは思いません。

↓こちらでも書きましたが、確かに中央アフリカでのゾウの密猟は深刻な様です。
しかし、密猟防止等、キチンと頭数管理が出来てて、むしろ増えてる国々から輸入してる物まで、一緒くたに「密猟」「絶滅する」と声高に叫んで、入手させなくするのが正しいのか。
疑問です。
http://doubutsuforum.blog.fc2.com/blog-entry-358.html

密猟が横行してる国からの輸入を禁止するのは当然ですけど、キチンと頭数管理出来てる国からは、少量ながらも安定供給出来る様にした方がいいんです。
そういうマジメな国から輸入できないから、密猟してる所から密輸する。
「象牙禁止」が逆にゾウを追い詰めているとしか思えません。
  1. URL |
  2. 2014/05/26(月) 19:47:54 |
  3. オキキリムイ #ZJmJft5I
  4. [ 編集 ]

Re: No title

オキキリムイ様

> 密猟が横行してる国からの輸入を禁止するのは当然ですけど、キチンと頭数管理出来てる国からは、少量ながらも安定供給出来る様にした方がいいんです。
> そういうマジメな国から輸入できないから、密猟してる所から密輸する。
> 「象牙禁止」が逆にゾウを追い詰めているとしか思えません。

今晩26日のNHKクロ現でとりあげていましたが、ご覧になりましたか?
かつて象牙の取引を禁止したことにより、ゾウの生息数が回復しましたが、
中国や日本に合法的取引を認めたために、現地の人々にまたも、
「象牙は儲かる」という刺激を与えてしまったとのことでした。
私は、象牙の全面的な取引禁止を願っています。

中国は密売の関係者を厳しく罰すべきですし、日本も同様です。
象牙の利益はアフリカのテロリストの軍資金。
武装集団に頼まれて密猟する人々の暮らしが立ちいくようにもしなければなりませんが、
アフリカ、特に中央アフリカは、政治腐敗も相俟って、大変困難な状況です。

「象牙は金にならない」という状況にもっていかないと、
密猟は止まないでしょう。

日本人の多くは自分の使っている印鑑やアクセサリー、調度品が象牙だということすら
知らないのです。まずは、知る。そして、象牙に代わる代替品を用いるべきです。



  1. URL |
  2. 2014/05/26(月) 22:21:13 |
  3. タマらんブログ #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

オキキリムイ様

ご参考までに。

http://tearsofelephants.org/%e5%90%88%e6%b3%95%e8%b1%a1%e7%89%99%e5%8f%96%e5%bc%95%e3%81%a8%e7%8f%be%e7%8a%b6%e3%81%ae%e3%82%ae%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%97/

「合法取引の裏には」(アフリカゾウの涙より)

合法に取引されている象牙はどこから来たものか?

象牙の国際取引には、「ゾウの保護に役立つ適切な国際取引」と
「ゾウを絶滅に追いやる違法な国際取引」の二つがあると言われています。
書類上はそうかもしれませんが、実際にはそれほど簡単には片付けられません。
合法象牙の取引の本来の目的は、象牙市場に合法象牙を過剰に供給することで密猟を減らす為のものでした。
しかし、実際にはその正反対のことが起きてしまいます。
合法象牙取引が象牙市場に加算されたことで、象牙の需要が復活して象牙価格が上がってしまい、
違法象牙取引も復活してしまったのです。
自然死や害獣コントロールで殺されたゾウの象牙だけが取引の対象になるという国際象牙取引条件の裏側には、「アフリカゾウの乱殺」と「象牙のローンダリング」 (違法象牙を合法の象牙として流通させる)
という暗い真実が隠されており、それは世の中の人に知られないまま、
アフリカ大陸に再びその魔の手を広げ始めたのです。

  1. URL |
  2. 2014/05/26(月) 23:16:26 |
  3. タマらんブログ #-
  4. [ 編集 ]

No title

NHKクロ現の放送は見逃しましたが、サイトの方から概要を確認しました。
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3502_1.html

確かに中央アフリカでの密猟やテロ組織の暗躍は酷い模様ですね。
しかし、前回日本や中国に輸出を認められた南部4カ国の現状が伝わってないんですけど。
もしも、そういう国々も適正管理が行き届かなくなって、密猟が横行してるなら問題でしょうけど、そうでないのなら、密猟が横行してる国とは分けて考えるべきです。

個人的な意見とした上で。
何で違法な犯罪行為やってる奴らのツケを、マジメにやってる人達(南部4カ国だけでなく、日本国内の象牙を扱う業者や職人等)に回されなきゃいけない訳?

今の日本では象牙は簡単に売買できません。
http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/kokusai/index_wasinton.html

>象牙製品の販売を行おうとする小売業者は経済産業大臣及び環境大臣への届出が必要です。届出書の提出しないで象牙製品の販売をすることは出来ません。

↓貴方のこのコメント見ると、

>象牙の利益はアフリカのテロリストの軍資金。
>日本人の多くは自分の使っている印鑑やアクセサリー、調度品が象牙だということすら知らないのです。まずは、知る。そして、象牙に代わる代替品を用いるべきです。

日本のハンコ屋さんや象牙工芸家が、まるでテロの支援者と言ってる様にも見えます。
そういう人達の儲けが、アフリカのテロ組織に流れる筈もないでしょうに。

密猟や犯罪行為による象牙の流通は戒められて然るべきですけど、そうでない物まで反対するのが正しいとは思えないです。
  1. URL |
  2. 2014/05/29(木) 17:07:44 |
  3. オキキリムイ #ZJmJft5I
  4. [ 編集 ]

Re: No title

> 個人的な意見とした上で。
> 何で違法な犯罪行為やってる奴らのツケを、マジメにやってる人達(南部4カ国だけでなく、日本国内の象牙を扱う業者や職人等)に回されなきゃいけない訳?

南部4ケ国は真面目にやってるんですか?
象牙の価格が10年で10倍に跳ね上がれば、
当然、密猟はこれらの国々にも広がるはずです。
今現在も、政府の役人が仲買人に買収されるなどで、合法の中に、
違法象牙が混在しているグレーゾーンとのことですが、
実態を掴むのは、なかなか難しいでしょうね。

> 今の日本では象牙は簡単に売買できません。
> http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/kokusai/index_wasinton.html

届出制は最もゆるい規制です。届出制 → 登録制 → 許可制の順で厳しくなります。
ちなみに、動物取扱業ですら現在、届出制から登録制になっています。
私は許可制よりさらに厳しく、象牙に関する商取引の全面禁止を望んでいます。

とにかく一旦、合法取引が認められてしまったことが、結果的に状況を複雑化、悪化させました。

> >象牙の利益はアフリカのテロリストの軍資金。
> >日本人の多くは自分の使っている印鑑やアクセサリー、調度品が象牙だということすら知らないのです。まずは、知る。そして、象牙に代わる代替品を用いるべきです。
>
> 日本のハンコ屋さんや象牙工芸家が、まるでテロの支援者と言ってる様にも見えます。
> そういう人達の儲けが、アフリカのテロ組織に流れる筈もないでしょうに。

先ず、指摘された私の二つの文章はもともとつながっておりません。異なる段落です。

論理的には、末端の消費者や象牙製品の職人、販売業者がテロリストの軍資金づくりに
加担してしまっているのは、その通りです。
しかし、象牙の印鑑を使う大方の消費者は、それが象牙だとすら、知らないでしょう。
だから、先ずは知り、考えてみることが大切なのです。

アフリカゾウは地球の財産。次世代のため、われわれには、貴重な財産を守る責任があるのです。

貴方の主張は以前と同じです。
同じ主張を当方のブログのコメント欄で何度も繰り返すのはご遠慮ください。








  1. URL |
  2. 2014/05/29(木) 22:06:15 |
  3. タマらんブログ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doubutsuforum.blog.fc2.com/tb.php/503-cce9b219
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

雪が3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

カテゴリ

大震災 動物関連 (124)
動物愛護管理法 (70)
民主党【犬猫等の殺処分を禁止する議員連盟】関連 (5)
ゾウのはな子 (22)
野生動物 クマ (49)
秋田・クマ牧場 (34)
ゾウ (12)
野生動物 その他 (30)
動物園 (29)
犬・猫などペット (22)
動物行政 (31)
地域猫 (21)
官民協働 (19)
動物関連ニュース (37)
政治・時事 (48)
映画・TV (13)
エッセー (32)
Book Review (8)
オススメ! (1)
イベント案内 (21)
杉並&近隣情報 (10)
自然・環境 (11)
植物・園芸 (7)
未分類 (2)

最新記事

最新コメント

旬の花時計 V2

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR