スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊橋のゾウ マーラ リハビリ最新情報

マーラ懸命リハビリ 豊橋、少しずつ筋力回復

(以下、中日新聞より転載)
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20140520/CK2014052002000053.html

2014年5月20日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
マーラ5月
簡易プールでリハビリを続けるマーラ=豊橋総合動植物公園で(豊橋市提供)


豊橋市は十九日、昨年一月に両前脚の骨折が判明し、自立歩行を目指してリハビリに励んでいる

豊橋総合動植物公園の子ゾウ「マーラ」(雌、二歳)の近況を発表した。

筋力は少しずつ回復し、介助ベルトに支えられた状態なら数分間、

自分の脚で踏ん張ることができるようになった。

骨折は完治したが、まだ自分の脚では歩けない。

現在は毎日午前十時半ごろから八十分間、二人の飼育員に付き添われてプール内を歩き、

午後は電気治療を受ける。


動植物公園は三月、リハビリ用の簡易プールを縦横三十センチずつ拡大した。

歩き回れる範囲が広くなり、運動量が増えて少しずつ筋力が付いてきた。

しかし、長期間歩行していないことから来る筋力不足で、左後ろ脚だけを曲げて立つ姿が目立つ。

二月末に完成した本格的なリハビリ用プールへの移行時期も未定のまま。

動植物公園の担当者は「新たなプールは寝室から二メートルほど離れており、

現状では移動に危険が伴うため」と説明する。

マーラ5月2
リハビリ後、介助ベルトの支えを借りて踏ん張るが、筋力不足から左後ろ脚だけ曲げる姿が目立つ=豊橋総合動植物公園で(豊橋市提供)

マーラの体重は十三日時点で、五二八キロと標準的な二歳ゾウの半分ほど。

成育に合わせ、餌は果物類を減らし、草や固形飼料の割合を増やしている。

動植物公園は六月中旬をめどに、リハビリの様子を収めた動画を園内で公開するとしている。

(西田直晃)
                         (転載おわり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
たった数分間でも、ベルトに支えられた状態でも、立つことが出来るようになった、マーラ!

寝たきりだったのですから、前進です!

成長とともに、自分の体重のため、歩行が難しくなってしまう・・

マーラと、リハビリに尽力されている皆さま、

頑張って下さい!!と応援するばかり・・ですが、

動物園で大型哺乳類を飼育することについては胸中、複雑・・。

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。