希望の牧場代表、20日・都内で被爆牛と抗議活動

被ばく牛と都内で猛抗議 福島・浪江の牧場代表、あす計画

(以下、河北新報より転載)
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201406/20140619_63006.html?fb_action_ids=679124782162719&fb_action_types=og.recommends
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
福島県浪江町の旧警戒区域内で、福島第1原発事故で被ばくした牛を飼い続けている男性が

被ばく牛1頭を連れ出し、東京都内で20日午後、国や東京電力に抗議活動を計画している。

福島第1原発から20キロ圏にある旧警戒区域内の家畜は域外への移動が禁じられており、

論議を呼びそうだ。

男性は原発事故後、「希望の牧場・ふくしま」を設立した吉沢正巳代表(60)。

国の殺処分命令を拒否し、福島第1原発から約14キロ離れた牧場で

和牛など約330頭の牛を「学術研究」目的で飼い続けている。


抗議活動は農林水産省、経済産業省、東電本店前などで予定。

除染廃棄物の中間貯蔵施設建設をめぐる石原伸晃環境相の「最後は金目」発言に反発し、

環境省前でも抗議活動を行う。

吉沢代表は原発事故の風化阻止をはじめ、国の殺処分命令の撤回、被ばく牛調査研究の推進などを訴えるという。

旧警戒区域内の牛を許可なく域外に移動した例はない。

福島県畜産課は「福島県産牛の全頭検査を完全実施し、安全安心を必死にPRしてきた努力が無になりかねない」

と困惑している。

農家の避難に伴い餓死したり、国の殺処分命令で安楽死させられたりした牛は計3447頭。

旧警戒区域内では現在、殺処分を拒否した吉沢代表ら複数の農家が計640頭の牛を飼い続けている。

吉沢代表は「牛飼いが牛を見殺しにせざるを得なかった絶望の日々を、

福島から送られた電気に依存してきた首都圏の人々に被ばく牛と訴えたい」と話している。

                       (転載おわり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

希望の牧場・吉沢代表の声明  2014年6月19日
http://fukushima-farmsanctuary.blogzine.jp/blog/files/_1058_pdf.pdf

★松村直登氏も参加の予定。

★明日の抗議活動の集合場所や時間は、希望の牧場のHPをご覧ください。

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物保護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR