大田区 猫の不審死と「地域猫」

東京大田区で、今年4月から今月にかけて、計29匹の猫の不審死が相次いでいる。

場所は蒲田2丁目と大森西6丁目の半径約400メートルの範囲内。

魚のフレークのようなものから、有害な化学物質「エチレングリコール」が検出され、

警視庁大森署は、毒殺の可能性があるとみて、捜査している。

(以下、朝日新聞8月26日朝刊より抜粋)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

野良ネコをかわいがっていた住民たちはショックを受けている。

70代の主婦は6年前、近所の人と費用を出し合って、メスの野良ネコに不妊手術を受けさせた。

再び放して、「地域猫」としてその猫だけに餌を与えてきた。

だが、今月16日、死んでいるのが見つかった。

一方、公園の近くに住む男性は、

「野良ネコは何匹いるかわからないほどいた。うちは飼っていた小鳥を殺された。

フン害もひどく、近くの保育園では掃除が大変そうだった」。

蒲田2丁目自治会副会長の真崎暉雄さん(80)は、

「エサやりに反発する人もいた」と明かす。

猫の世話をしていた主婦は言う。

「猫をめぐって、あいさつしないようになった人もいる」

                  (抜粋おわり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

半径400メートルほどの範囲で29匹もの猫が不審死したということは、狭いエリアに

相当数の野良猫が集まっていたということである。

記事中の主婦は、「地域猫」としてエサを与えていたというが、

はたして、ここの猫たちは、地域住民から、「地域猫」として認められていたのだろうか。

毒殺されたとして、犯人は、サイコパスや愉快犯ではないとしたら、

猫による被害に腹を立てている住民だろうか。

「地域猫」に反対はしないが、「地域猫」活動をするなら、地元自治体も交えて、

住民としっかり話し合い、その方法なども含めて、合意を得ることが必要である。

近年、「地域猫」という言葉だけが、ひとり歩きしていることを懸念する。

「地域猫」活動を積極的にPRしているのは猫好きのボランティアが多いため、

正確な情報提供に欠ける傾向もある。

例えば、飼い主のいない猫の平均寿命は4~5年と言うが、2~3年生き延びることの

出来た猫は、適切に世話をすれば、10年以上生きることもままある。

誰かが引き取らない限り、活動は10年以上続くということだ。

プランターや砂場などを設置して、フン尿を始末すると言うが、

すべての猫が、お行儀よく、そこをトイレとしてくれるわけではない。

許可を得て、他人の敷地にいちいち入ってフン尿の始末をするのもなかなか大変。

ましてや、それが猫嫌いの住民が丹精込めて作った花壇だとしたら・・。

木酢液や超音波など、あれこれ試しても、長期的に猫の侵入を防ぐのは難しい。

そして、何よりも重要なのは、洩れなく猫を不妊去勢して数を減らしていく不断の努力だ。

そのためには、住民ときちんと話しあえ、年中走り回れるボランティアの存在が不可欠。

もちろん、行政の協力(助成なども含めて)は欲しい。

「地域猫」活動は、あくまでも一代限りの命を世話する過渡的な措置。

いい加減な「地域猫」活動は、住民の反発を招き、その怒りが猫に向けられるのが怖い。

公園や駐車場など、一か所に多くの猫を集めてエサを与えるのは反感をもたれやすいし、

動物虐待も誘発する。猫の遺棄も招き、猫捕りの噂も絶えない。

「地域猫」活動は机上の論理としては頷けるが、実際に行うとなると、ハードルは高い。

環境省は「地域猫」を推奨しているが、

東京都は「動物愛護管理推進計画」(ハルスプラン・平成26年度)において、

不妊去勢の推進など、「飼い主のいない猫」を減らす対策を提言しつつも、

「地域猫」「地域猫活動」という言葉はまったく用いていない。

「地域猫」は、その地域の特性に合ったかたちで出来ればいいと思うが、

「地域猫」を提唱する方は、どうか、活動の良い面ばかりでなく、難しい面についても、

正確な情報を発信して下さい。

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物保護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: どこでもありえる犯罪ですね

鍵コメさま

メッセージに返信しましたが、届きましたか?

こうした動物虐待事件は杉並区でも起きています。
どこでも起こり得る事件ですね。

共通して言えるのは、不妊去勢をしないで強硬にエサヤリをしている住民がいて、
(みんなの悩みの種)
野良ネコが増え、そのフン尿被害などで、地域に対立があるという点です。

衰弱死、病死、事故死してしまう子猫は本当にかわいそうです。

「地域猫」で検索をかけると、多くの「反地域猫」ブログがひっかかってきます。
餌を与えているだけで、「これは地域猫」と主張する人もいて、
ちっとも猫が減らないため、「地域猫」という言葉に反感をもつ人も多いのでは・・。

行政と住民、ボランティアの協働が求められますが、
一番苦労するのは、ボランティアかなあ・・






おっしゃる通りです。

メール届きました。
ありがとうございました。
予想通り(笑)

うーーん、愛護にはいろいろな問題がありますね。

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR