「ふるさと納税」制度を活用して殺処分ゼロへ

広島)犬殺処分ゼロへふるさと納税 
1カ月で300万円

http://www.asahi.com/articles/ASGB83F2BGB8PITB001.html

(以下、朝日新聞デジタルより抜粋)

2014年10月22日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
神石高原町が「ふるさと納税」制度で税金の使い道を指定できるようにしたところ、
犬の殺処分ゼロを目指すNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」
(大西健丞代表理事、PWJ)に寄付が集まっている。
町が9月に募集を始めたところ、すでに全国から計約300万円の申し込みが寄せられ、
昨年度の総額を上回った。

ふるさと納税は応援したい自治体に寄付をすると、
2千円を超えた分は所得税と住民税が一定の限度額まで控除される制度。

同町ではこれまで寄付の使い道がまちづくりの5施策から選べる仕組みにしていた。
しかし、まちづくりを町だけで進めるのは限界があるため、
地域住民やNPOと連携しようと、今年度から自治振興会31団体や、
町内に拠点を置くNPO5団体への支援も選べるよう条例を改正した。
納められた額の95%が指定した団体に交付される。

竹久岐史       (抜粋おわり)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
犬猫殺処分の削減のために、「ふるさと納税」制度を活かす・・・

記事を読んだ時には、良いアイディアだと思ったのですが、すぐに疑問が・・。

町の態勢が不十分であるため、

寄付のほとんどが指定されたNPOなどに交付されるということは、

結局、そのNPOに寄付をしたのと同じ事になりませんか?

「ピースウインズ・ジャパン」は国内外で活動している知名度の高いNGOで

動物保護に特化した団体ではありません。(この団体についても良く知りませんが・・)

一般論として、動物愛護団体の場合、NPOであっても実態が分からないため、

寄付を躊躇う人は多いと思います。

「ふるさと納税」などの公的制度を利用しての寄付なら、

老朽化した動物管理センターの補修や譲渡型シェルターへの転換、

有償ボランティアを雇用して収容動物のケアと譲渡率を高めるなど、

使途をクリアにし、自治体に直接使って欲しいと思います。

指定された団体に、一括交付されるのはいかがなものでしょうか・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
上記の新聞記事は、弁天さんの宝石から転載させて頂きました。

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物保護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

No title

以前から知ってはいましたが、土砂災害などで有名になった災害救助犬などの知名度やピースウインズ・ジャパンさんの力が強く働いたようですね。
良かったです。

Re: No title

夜空さま

いつもたくさんの情報をありがとうございます。
「ふるさと納税」制度のような税金は団体に振り分けるのではなく、
自治体が直接に殺処分削減のために使って欲しいと思っております。

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR