スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【犬の大量遺棄】 問われる消費者の意識

栃木県で犬の死骸を大量に遺棄した容疑者が逮捕されました。

元ペットショップの店員だそうですが、本当はどうなのか・・。

愛知県の繁殖業者から、子犬を産めなくなった高齢の小型犬などを引き取って、

譲渡するつもりだったと話しているそうですが、

実は、この繁殖業者から百万円を受け取り、処分を請け負ったようです。

木箱に犬を何十頭も詰め込み、水も餌も与えずに移動して死なせ、遺棄しました。

常習的に処分を請け負っていたのかどうか、

今後の警察の取り調べを待ちたいと思います。

栃木県で遺棄した犯人は判明しても、他県での犯行は不明のままです。

この際、警察と各地の動物管理センターや保健所には徹底的に、

こうした処分の実態把握と、悪質なブリーダーの取り締まりに

乗り出して頂きたいものです。

動物愛護管理法の改正により、行政が引き取りに応じなくてもよくなったのが、

今回の各地での大量遺棄の背景と報道されていますが、

これは、動愛法の改正にあたって予測されていたことで、

未然に防ぐような行政指導や

業界の引き締めは行われていたのでしょうか?

生体を販売するペットショップをなくし、そこに犬や猫を供給しているブリーダーや、

ペットの競り市をなくすことは理想です。

但し、その時々に移り変わる流行犬や純血種を欲しがる消費者がいるかぎり、

つまり、需要がある限り、これらが無くなることは望めないし、

ペット業界はフードや医薬品ほか諸々も含めて膨大な業界です。

業界をいくら叩いても、事態の改善はなかなか進まないでしょう。

必要なのは、消費者の意識を変えていく働きかけでは?

ペットショップで純血種を欲しがる人々に、

ガラスケースの中の子犬がどこから、どのように来たのか、

その子犬には母犬も兄弟犬もいて、母犬はどのような環境で飼育されているのか、

先ずは、買う前に想像して欲しい。

「うちの子かわいい!」をアピールするブログはネットにあふれていますが、

飼い主の大半が、「うちの子かわいい!」だけで、満足している現状。

かわいいうちの子の母犬は悲惨な環境のもと、生まれてきてこの方、

人の愛情に触れることもなく、

糞尿の始末もしてもらえない狭苦しいオリの中で、

ボロボロになるまで子犬を産まされ続け、もう不用だと山野に投げ捨てられる・・

これが今日も、この国の各地で起こっているという現実。

先ずは、消費者の気づきが無いと、状況を変えることは不可能です。

家族になってくれることを待ちわびている犬たちは、

ペットショップ以外にもいることを、その犬たちとの出会いを探すことを、

犬を飼いたい方々に考えていただきたいです。

(m)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ツイッターでUPさせていただきました。
https://twitter.com/yosi373

プログにも転載して良いでしょうか?

Re: No title

よし様

転載ご自由にどうぞ。
プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。