2月22日 猫の日の「天声人語」

朝日新聞「天声人語」を以下に抜粋します。

http://www.asahi.com/paper/column.html

きょう2月22日は「猫の日」。
三つ並ぶ2をニャン、ニャン、ニャンと読む語呂合わせだそうだ。
東京では、近所の公園を歩く猫の背中の毛色にも、
淡い春が光っている。
恋の季節を迎えて鳴き声が狂おしく、
けたたましいのも今頃である。

▼猫好きは多いけれど、迷惑がる人も少なくない。
飼い猫でもなければ、そこそこ目立つ動物が
住居ひしめく場所で生きるのは難しい。
そこで不妊去勢の手術を施して、
猫とご近所との共生を探る人たちが増えている。

▼命を一代限りで尊重しながら、数を減らしていく試みは、
各地で広がりつつあるようだ。
譲渡会などの取り組みもあって、猫の殺処分は
最も多かった1991年度の3分の1に減っている。

▼無責任な餌付けで野良猫が居着いたといったもめごとは絶えないが、
近頃は耳に切れ込みのある「手術済み」も結構見かけるように聞く。
〈春寒く子猫すりよる夕(ゆうべ)かな〉高浜虚子。
飼うにせよ地域でかわいがるにせよ、責任が欠かせない。
そんな一句と読み取りたい。   (抜粋おわり)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「天声人語」で猫の話題は珍しいような・・?
不幸な猫を減らしていく取り組みや活動を
こうしたコラムで世間に知らせてくれるのは有難いと思います。

「地域猫」という言葉だけがひとり歩きして、
「地域猫」=地域にいる猫などと誤解している方々が
一般人はもとより、ボランティアにも多いのを憂えております。
それこそ、トラブルのもとです。

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物保護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR