スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野良猫エサやり禁止 京都市条例案の是非

野良猫へのエサやりを禁止する京都市条例案に愛護活動者から

多くの批判が寄せられている。条例案は議会を通過する模様だ。

杉並区でも過去に「エサやり禁止条例案」が検討され、

区内のボランティアが結集して、区議に働きかけ、”ネコ議連”なるもの?

が出来て、議会への提出を止め、実質上、廃案にすることが出来た。

この折、案が議会に提出されてしまったら、通過は避けられないと言われていた。

罰則付き条例の代わりに、「杉並どうぶつ相談員」制度が創設され、

「飼い主のいない猫を増やさない活動支援事業」の効果もあって、

杉並区から東京都動愛センターへの猫の引き取り数は、25年度 22頭、

事業が始まった10年前は382頭だったので、激減。


エサやり禁止条例は、おそらく”絵に描いた餅”になる。

これは行政が形だけ、野良猫の糞尿被害を受けている市民に

「対応しています」とアピールするだけの表面的なものだと思う。

無責任なエサやりをする住民は、飼い主のいない猫を減らす努力を

しているボランティアにとっても迷惑な存在だが、

無責任なエサやりたちを、条例で取り締まるのは、まず無理。

メンタルな問題を持っている人もいて、時間を変え、場所を変えて、

イタチごっこになるだけである。

京都市は、猫を地域で管理している住民の「届出制」も同時に検討している

というが、任意なので、こちらもあまり効力はなさそう。

エサヤリ禁止条例などを提唱する議員や愛護家はタカ派が多いように思う。

上意下達の「上から目線」である。

京都市のボランティアや保護団体に結集できない何かがあったのだろうか?

まとめ役を欠いたのか?

その辺りのことは分からないが、杉並区で反対運動が起きた時は、

意識的に区外の愛護団体を含めず、区民の意見として通すようにした。

外部からの過激な反対活動は、条例阻止にかえってマイナスになると

考えたからである。杉並区民で是非を決める!

京都市のボランティアも、その方向性を探るべきではなかったか?

「ネコが餓死する」などと訴えている団体もあるが、

エサヤリは何があってもエサをやり続けるし(だから問題化する)

野良猫たちも生きる術は心得ているので、そう簡単には死にはしません。

パブコメにコピペの反対意見が何千と届いても、コピペはコピペ。

市外の人間は、市外の人間。

過激な訴えは、「猫の愛護活動家ってやっぱり過激」

と一般市民から疎まれるだけでしょう。

毎日、猫の苦情を受けている行政の立場も分かるが、

京都市がすべきは、条例設置ではなくて、

野良猫を確実に不妊去勢して数を減らす事業。

一代限りの命として、過渡的措置として、住民で管理すること。

飼い猫の不妊去勢は当然だが、室内飼育を徹底すること。

そして、最も大事なのは、これらの広報ではないでしょうか。

徹底的に広報してはいかがでしょう?

獣医師の協力も必要ですね・・・。

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物保護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメさま

転載はいつでもご自由に。よろしくお願いします。

「ボランティア活動」とか「官民協働」をしていると
紹介いただいた方が嬉しいです。

「愛護」という言葉が苦手なもので。
「愛護」って、だいたい一方的じゃないでしょうか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 失礼いたしました。

鍵コメさま

ご意見ありがとうございます。
情報ブログは文字通り情報発信をして下さるので
今年とても忙しい私はたいへんお世話になっております。
ありがとうございます。

「邪道」と述べた方は、活動でストレスが溜まっているのでは
ないでしょうか。ご本人が気づいていなくて、八つ当たりしている
ように思えます。

「動物愛護」はかわいそうという、感情的なところが出発点ですね。
それは理解できるのですが、
「猫のために」「犬のために」だけになってしまうと、
世間の共感を得られない=世論形成ができないことになります。

「趣味です」というスタンスが一番妥当だと思います。
保護活動が生活になったら長続きはしないでしょう。
自分が病んでしまうかもしれないし、視野が狭くなって、
周囲との関係がこじれてしまうかもしれません。

毎週、東京都動愛センターから動物を引き出して譲渡している
ミグノンプランの友森代表も、さらりと
「これは私の趣味です」と仰っていました。

「杉並どうぶつ相談員」は今年4月から委嘱が50名を超えます。
猫だけではなくて、犬に詳しい方々もいて、
全体としては、啓発活動が中心。あとは各自が地域でTNRなども
したり、時には、区民からの相談を受けて対応しています。

活動はこちらのブログでご覧になれます。
災害時にも活かせるネットワークをめざしています。
    ↓
http://blog.goo.ne.jp/suginami-doubutsu-sodan

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

条例がザルという意見ですが、被害者のことを全く考えてないのでは?

地域猫活動という名目で不妊去勢手術も行わずに餌やりを続ける人は迷惑以外の何者でもありません。

猫の身体を傷つけ事故死や病死を待ちながら餌を与える続けるのではなく、飼い主として終生飼養するのが野良猫対策の基本です。



Re: タイトルなし

本当に「地域猫推進派」なんですか?
コメントの内容が矛盾してません?

記事をちゃんと読んでいただければ分かると思いますが、
あなたと私の立ち位置はあまり変わらないのでは?

基本的に、「地域猫」にするよりも、飼ってあげたり、
可能なら譲渡した方が、猫にとっても、被害を受けている住民にとっても
良いと思います。
ただ、どうしてもそれが不可能な場合には、一代限りの命として、
住民の理解を得たうえで、不妊去勢を施し、管理して世話するのは過渡的な
措置としてやむを得ないと考えます。

「地域猫」という言葉だけがひろがって、正しく理解されていないことを
残念に思います。

京都市の条例がザル法というのではなく、条例を設置しても問題解決に
はいたらず、被害を受けている人にとっても実利は無いだろうという意味です。

お返事ありがとうございます。

餌やり活動家には地域猫活動のデメリットを提示した瞬間に猫嫌いだとか、アンチ地域猫だとレッテルを貼る人が多いですが、そういう言動が地域猫に対する誤解を生じさせる一因になっていますので決めつけは止めたほうがよろしいかと思います。

>京都市の条例がザル法というのではなく、条例を設置しても問題解決に
はいたらず、被害を受けている人にとっても実利は無いだろうという意味です。

無責任な餌やり活動を排除できますので実利はあります。

地域猫活動の名目で手術を行わず餌をばら蒔き続ける人は、法なり条例なり根拠が無ければ取り締まることができないのです。

そういう人にこそ正しい地域猫活動へのご理解とご協力をお願いしたいのですが、聞く耳を持つ人は僅かです。

理解していただいたとしても餌やりの口実として地域猫活動を利用される人が殆どですが。

Re: Re: タイトルなし

> 地域猫推進派?さま
>
>
> > 餌やり活動家には地域猫活動のデメリットを提示した瞬間に猫嫌いだとか、アンチ地域猫だとレッテルを貼る人が多いですが、そういう言動が地域猫に対する誤解を生じさせる一因になっていますので決めつけは止めたほうがよろしいかと思います。
>
> 私は餌やり活動家でもありませんし、地域猫もしておりませんが、
> これは一般論ですか?何を決めつけているということでしょうか?
> 文章の意味がよく分かりません。
>
> >
> > 無責任な餌やり活動を排除できますので実利はあります。
>  
> 実利はあるとなぜ確証できるのですか?
> 条例でエサヤリが減った例を挙げてください。
> 京都の場合がどうなるのかは、まだこれからです。
>
> 私は「地域猫」がエサヤリの口実にされている実態を指摘しているのです。
> もはや、「地域猫」という言葉さえ使わない方がいいと思います。
> 東京都は「飼い主のいない猫」と称しています。
プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。