動物との共生フォーラム

Friends of Nature & Animals Forum

石川県における殺処分 ~一つの真実~

石川県を含む北陸三県は、全国でも殺処分数が少ない県です。

数のうえではそうだとしても・・

この4頭の子猫たちをご覧ください。

mike_2015041723124576f.jpg

noto.jpg

komatsu.jpg

kibi.jpg

この4頭は同じ母猫から生まれました。

我が家に着いた晩に撮影しました。

生後2ケ月。とても馴れていて、まったく健康で元気。

屋内にいたのでキレイで、ノミもダニもいませんでした。

みんな可愛い顔で、欲しい人はたくさんいるでしょう。

この子猫たちは、奇跡的に殺処分をまぬがれました。

子猫たちの出身は石川県能登半島。

お独り住まいの高齢者が、外猫に餌をあげていて産まれました。

そして、その高齢者のお宅で母猫と共に居りましたが、

やむなき事情があって、悩まれたすえ、ある朝、子猫たちは殺処分に出されました。

能登半島では、犬や猫を定期的に回収し、小松市にある小動物センターに

運びます。この子猫たちも回収車に乗せられ、運ばれました。

子猫は、この子たちのように、どんなに馴れていて、

譲渡に適していても、運命は即日殺処分と決まっているのです。

幸いにも、この子たちの命を救おうとした方が奔走され、

殺処分を待ってもらって、センターから引き出し、その後、

我が家に来て、今ではそれぞれ里親さんのお宅で幸せに暮らしています。

その後、奔走された方に、金沢市の人から里親になりたいとの連絡がありました。

あちらでも、どなたかが動いてくれていたんです。

生かせるチャンスはたくさんあるのに、即日殺処分をする行政。

しかも、子猫たちは人に馴れていないと聞かされました。

実際にはナレナレ。人と育ってきたのだから当たり前です。

石川県南部小動物管理指導センターHPの、猫の譲渡欄はブランクです。
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/yakuji/doubutsu/nanbu.html

つまり、石川県では毎日、子猫たちが即日殺処分されているのです。

もちろん、石川県だけのことではありません。

殺処分を生み出しているのは不妊去勢をしない飼い主や、

ただただ餌を与える人々です。

自ら遺棄して殺す人たちさえいます。

産まれてすぐに殺されてしまう命に共感も、想像もできない人たちです。

行政が悪いわけではない。

けれど、ルーティン化して、感覚が鈍くなってはいませんか?

もし、やりたくない仕事だと思われるのでしたら、

生かそうという努力はできないのでしょうか?もっと。

人を投じるなり、基金を作るなり、ふるさと納税制度を活用するなり、

ボランティアと協働するなり・・生かそうという意志があるなら、

この4匹の子猫たちのような命は助けられるはずです。

殺処分を積極的に削減しているセンターや保健所が増えてきています。

石川県もどうか、譲渡できる命を生かす努力をお願いいたします。

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

  1. 2015/04/18(土) 00:07:03|
  2. 動物行政
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<パチンコ店にフクロウは必要か | ホーム | 練馬区でまたも猫が殺害される。>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2015/04/18(土) 01:20:36 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

No title

夜空さんのブログで知り、いつも拝見しております。
転載もさせていただいております、事後報告になり申し訳ありませんm(__)m

定点回収に即日殺処分…いたいけな子猫たち…。何とも辛く胸の詰まる現実がまだまだあります。

以前読んだ、一度のガスでは死に切れず、二度目のガスにかけられる子猫。その間に大きな鳴き声をあげる子猫の記事が忘れられません。

不妊去勢をせずに放し飼いにしたり、餌だけあげたり、そういった無責任な行為が根本にあるのですが…行政の方でもひとつでも多くの命を生かせるよう、打てる手を打ってほしいと思います。
  1. URL |
  2. 2015/04/18(土) 23:07:51 |
  3. ももこひめ #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

ももこひめさま

転載ありがとうございます。当方も拝見しております。

殺処分数だけを見れば年々減ってはきていますが、
この記事の子猫たちのように、時間さえもらえれば
必ず譲渡される命まで奪われてしまうのは無念でなりません。

殺処分の大半を占める子猫たち。
授乳してくださるボランティアと一緒に助けようとする自治体と、
あっさり殺処分してしまう自治体。
この差はどこから来るのでしょう。
人?お金?
結局は、現場にいる方々の意志や思いが
現状を変える力になるのではないでしょうか。

そして、飼い主や餌を与える人が努めるべきは不妊去勢、
最後まで愛情をもってはぐくむこと。
人のご都合主義で動物を不幸にしてはいけませんよね。
大切な家族というのならば。

  1. URL |
  2. 2015/04/18(土) 23:42:19 |
  3. タマらんブログ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doubutsuforum.blog.fc2.com/tb.php/556-8356dbb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

雪が3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

カテゴリ

大震災 動物関連 (124)
動物愛護管理法 (70)
民主党【犬猫等の殺処分を禁止する議員連盟】関連 (5)
ゾウのはな子 (22)
野生動物 クマ (49)
秋田・クマ牧場 (34)
ゾウ (12)
野生動物 その他 (30)
動物園 (29)
犬・猫などペット (22)
動物行政 (31)
地域猫 (21)
官民協働 (19)
動物関連ニュース (37)
政治・時事 (48)
映画・TV (13)
エッセー (32)
Book Review (8)
オススメ! (1)
イベント案内 (21)
杉並&近隣情報 (10)
自然・環境 (11)
植物・園芸 (7)
未分類 (2)

最新記事

最新コメント

旬の花時計 V2

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR