日本クマネットワーク&WWF合同シンポジウム

JBN&WWFジャパン合同シンポジウム
2014年ツキノワグマ大量出没の総括と展望

~クマによる人身事故0(ゼロ)をめざして~


日本クマネットワークHPより転載します。


201505_shinpochirashi.jpg

日時:2015年5月9日(土)13:00~17:00

場所:東京ウィメンズプラザ
(東京都渋谷区神宮前:最寄駅は表参道駅)

参加費:無料(事前申込み不要)

*ただし、JBN・WWFジャパン会員以外の方は、
  資料代として200円いただきます。

2014年は全国的にドングリなど堅果類の不作により、
ツキノワグマの大量出没が起こった。
結果、全国で3,429頭のツキノワグマが捕獲され、
そのうち3,273頭が捕殺された。
(いずれも環境省発表、11月暫定値)。

また、人身事故も109件(118人)に上っている(同発表)。
これらの数字は、ここ10年間では2~3番目に多い。
すなわち、2006年、2010年および2014年が
顕著なツキノワグマの大量出没年となった。
この問題の背景には、ツキノワグマの分布拡大や
中山間地からの人間活動の撤退なども
大きく影響していると考えられている。

そこで本シンポジウムでは、2014年に全国各地で起こった
ツキノワグマの大量出没状況を総括し、
今後の対策に向けた展望を議論する場としたい。
とくに今回の場合、かなり早くから大量出没の予測が出されるなど、
事前の対策準備を行うことは可能であったにも拘わらず、
人身事故が100件を超えたというのは
クマの保護管理政策がまだまだ未熟であることを物語っている。

今後クマによる人身事故を0(ゼロ)にするには何が必要で、
そのためにはどのように押し進めればいいのかを
参加者全員で考えたい。
               (転載以上)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
                 
内容:
 第1部 2014年のツキノワグマ大量出没状況報告
 第2部 2006年、2010年および2014年の大量出没を受けての総括
 第3部 今後にむけての展望(人身事故0(ゼロ)をめざして)

スケジュール:
 司会進行:小池伸介(JBN事務局長/東京農工大学)
 挨拶:草刈秀紀(WWFジャパン事務局長付) 13:00~13:10

第1部 13:10~14:10
 1)全国の概況:坪田敏男(JBN代表/北海道大学)
 2)長野県:岸元良輔(NPO信州ツキノワグマ研究会)
 3)神奈川県丹沢:羽太博樹(神奈川県自然環境保全センター)
 4)栃木県:栃木県職員

第2部 14:10~15:00
 1)大量出没の科学的分析(分布拡大、行動変化など):
       山崎晃司(茨城県自然博物館)
 2)3回の大量出没から得られた教訓、必要な政策など:
       大井 徹(森林総合研究所)
 3)マスコミからみた大量出没への対応:
       清水 悌(元朝日新聞)

 休憩 15:00~15:15

第3部 15:15~16:05
 1)クマ対策スタンダードその1(兵庫県):
    森光由樹
   (兵庫県立大学自然・環境科学研究所/兵庫県森林動物研究センター)
 2)クマ対策スタンダードその2(島根県):
    澤田誠吾(島根県中山間地域研究センター)
 3)NGO組織による大量出没への対応:
    那須嘉明(WWFジャパン)

総合討論 16:05~17:00
座長:佐藤喜和(JBN副代表/酪農学園大学)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物保護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR