三重県が放獣したクマ マスコミは正確な報道を。

三重県が滋賀県で放獣したとされるツキノワグマについては

現時点(5月30日午前1時)で、27日に滋賀県で女性を襲った

クマと同一であるかは不明です。


三重県で放獣されたクマには発信器が着けられており、

28日には三重県と岐阜県の県境にいることが確認されています。

女性の負傷事故のニュースで、

マスコミは一斉に、同じクマであるような

報道をしていますが、

正確な報道をお願いいたします。


しかも、三重県は、同じクマかどうかも分からないのに、

殺処分を検討しているとのことです。

人を襲ってもいない無実のクマが殺されてしまう可能性もあります。


三重県が滋賀県に連絡しなかったのは遺憾な対応ですが、

そもそもクマに県境など分かるはずもなく、

自治体をまたいで広域に動くクマを自治体ごとに管理

しようとすることが矛盾しています。

このクマはイノシシ罠に錯誤捕獲されましたが、

三重県では原則、放獣、しかし、岐阜県では殺処分と、

自治体により対応が異なります。

隣接する自治体に連絡すれば断わられる

という現状もあって、ひそかに放獣してしまうのでは・・。

複数県にまたがる広域的なクマの保護管理計画と

全国的に統一された放獣の基準が必要だと、

クマの研究者は述べています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物保護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

一読者さま

ありがとうございます!
プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR