【三重県 クマ殺処分】違法だとして住民が監査請求へ

放獣クマ殺処分は違法 
三重県に住民監査請求へ


(以下 京都新聞より転載)
http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20150611000039

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三重県が県内で捕獲したツキノワグマを
滋賀県側に連絡せず県境に放した問題で、
三重県がクマを殺処分する許可を出したのは違法だとして、
住民グループが12日に捕獲費用などの支出差し止めを求めて
住民監査請求することが10日、関係者への取材で分かった。

三重県によると、ツキノワグマは5月17日に同県いなべ市の山中で見つかり、
県が県境の滋賀県多賀町で放した。
10日後の同27日、約6キロ離れた多賀町内で
女性(88)がクマに襲われる被害が発生し、
三重県は情報提供しなかったことを滋賀県に謝罪した。

放したクマと女性を襲ったクマが同じかは不明だが、
三重県は「住民が不安を感じている」として殺処分する方針を決め、
捜索している。

(転載以上)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月10日のクマの位置図


http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/201506017120.pdf

放獣グマに関する最新ニュースはこちら左上のトップページから
               ↓

http://www.pref.mie.lg.jp/D1NOURIN



(ニュースQ3)隣県で放したクマ?住民襲われ大けが 捕殺か保護か
朝日新聞 6月11日
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11802028.html
               ↑
 問題のある見出しの典型。今までのおさらい記事ですが、
 転載にはご注意を。
  DNA鑑定の必要性にも触れていません。
  別のクマであると立証されれば住民も安心できるでしょう。
 住民をパニックにしたのはマスコミです。

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物保護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

コメントありがとうございます。

なるほどと思い、ご意見を参考に

記事を書こうとおもいましたが、

状況が移り変わっているため、しばらく考えてみたいと思います。

引き続きよろしくお願いいたします。

たぶんDNA鑑定で違うと証明されてもツキノワグマにはかわりはないので殺処分を望む人も多いと思います。
正しいクマの知識を広めていく必要性があるでしょうね。
恐れるだけが脳ではありません。
そういう意味でも話題性だけを追いかけるだけで必要以上に煽るマスコミの在り方には不満があります。
プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR