群馬県動物愛護センター ボランティアしませんか?


県動物愛護センター:
ボランティア足りない 
来月1日オープン、募集50人に34人
 /群馬


毎日新聞 2015年06月10日 地方版

(以下、転載)
http://mainichi.jp/area/gunma/news/20150610ddlk10040131000c.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
捨てられた犬や猫の「殺処分ゼロ」を目指し、
県が7月1日に開設する「動物愛護センター」の
ボランティア50人を募集したところ、
応募者が34人にとどまっていたことが9日、分かった。
県は今後、再募集も検討している。

愛護センターは、これまで殺処分中心だった
県動物管理センター(沼田市)に代わる施設として、
建築費約1億4000万円をかけて玉村町に建設。
譲渡用の保管施設もスペースを広げ、
大人の犬猫は約2倍の収容能力を持つ。
子犬専用の部屋も新たに造った。県衛生食品課によると、
管理センターでの殺処分は、2009年度は犬1937匹、猫2680匹。
14年度は犬579匹、猫1201匹と減少傾向にある。

愛護センターでは当面、引き取った犬猫を
新しい飼い主に譲渡する会を毎月2回、
土曜に開催し、マッチングする機会を増やす。
しかし、愛護センターの職員は総勢11人しかいないため
譲渡予定の犬猫のトリミングや散歩、しつけ、
譲渡会での受け付けや飼育方法の説明を
ボランティア要員の協力で補おうと、
県内在住、在勤者らを対象に50人募集していた。
県の担当者は「募集人員に達しなかったことは残念だが、
オープン後、実際に運用してみて足りなかったら再募集したい」
と話している。

県は13年9月に改正動物愛護法が施行されたことを受け、
県動物愛護管理推進計画を策定。
23年度には飼い主から引き取る数を犬20%減、
猫30%減とする目標を掲げている。 【吉田勝】

    (転載以上)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今のところ、すごい殺処分数ですが、もっと多い自治体も・・

官だけでは難しいので、こうした官民協働の取組みが

各地に広がって欲しいものです。

作業の種類や時間によっては、有償もありかと思います。

交通費ぐらいは自治体が負担できるといいですね。


(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物保護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR