三重県・岐阜県 放獣グマ、殺処分やめて「生け捕り」計画

三重県 クマ生け捕りへ 
殺処分から方針転換


2015年06月30日

(以下、読売新聞より転載)
http://www.yomiuri.co.jp/chubu/news/20150630-OYTNT50055.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三重県いなべ市で捕獲されたツキノワグマを
同県が無断で滋賀県多賀町に放した問題で、
三重県は29日、クマを猟銃で殺処分するとしていた従来の対応を変更し、
ワナなどで生け捕りにする方針を固めた。
DNA鑑定で同県が放したクマと多賀町で女性を襲ったクマが
別であることが判明したためで、30日に
岐阜県海津市で開く周辺自治体との協議で提案する。

三重県は、クマを放した10日後に、
過去10年間でクマの目撃情報が1件しかない多賀町で
女性が襲われたことから、「放したクマが襲った可能性がある」などとして
猟銃で殺処分することを決めていた。

30日の会議には、三重県といなべ市のほか、
クマが行き来しているとみられる岐阜県大垣市や
養老町の担当者らが出席。
三重県は、ワナによる捕獲を試みることや、
クマに取り付けた発信器による位置確認を今後も一定期間、
継続することなどを提案する考えだ。

方針転換した理由について、同県獣害対策課は
「殺処分を決めた根拠の一つがなくなった。住民の安全を確保するには
ワナによる捕獲が現実的だ。捕獲後の対応については今後、協議したい」
と説明している。

岐阜県自然環境保全課は、クマが山中にいることから、
現時点で人に危害を加える可能性は低いとみており、
「人家に近づくなど被害が及ぶ可能性が出れば、
殺処分を含めた対応を考える」としている。
    (転載以上)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

三重県・岐阜県が、今度は放獣グマに罠をしかけて、

「生け捕り」にする計画です。

山に自然の餌が少ないこの時季、

錯誤捕獲から始まって、滋賀県まで運ばれ、人を襲ったと

マスコミ報道により濡れ衣を着せられて山狩りに遭い、

生きのびて、静かに住処の山で暮らしているというのに、

一体、このクマがどんな悪さをしたというのでしょうか?

発信機を着けているのですから、位置情報は分かるのに、

なぜまた再び捕獲して、捕殺?しなければならないのか。

住民から「心配だから捕まえてくれ」との声があるようですが、

クマが生息しているのは、この地域だけではありません。

クマはこのクマだけではありません。


罠を仕掛けて、他のクマがかかったらどうするんですか?

行政は専門家のアドバイスに従って保護管理をし、人心を鎮めるべき。

クマを捕獲して、受入れ先は決まっているのですか?

コグマならともかくも、成獣を受け入れる所は無いのでは?

処遇を曖昧にしたまま、希少野生動物を捕獲していいのでしょうか?

このクマにとっては、あまりに人災すぎる・・。

生け捕りにして、一生、狭いオリの中で飼い殺しですか?

それとも、やはり捕殺?

愚かな行政。

憤りを禁じ得ません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物保護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: なんということ・・・

鍵コメさま

このクマは発信機をつけていて、位置が分かるのだから、
モニタリングをすれば、住民が心配する必要はないんですよね。

むしろ発信機などつけていない他のクマの方が心配なのに、
考え方が矛盾しているというか、
とにかくこのクマを目の敵にして無用に心配しているわけです。

全く呆れます。

危害を加えたクマはもともとこのクマではなかったわけですから
問題視するべきは他のクマですね。
そちらはほっぽりのように思えますが・・・

いじめだと三重県民が抗議していましたが

ここまで行政がこだわること自体が
とても悪質な
いじめ
としか思えずです。


もっと他のクマに目を向けないと
二次災害が起こるやもしれません。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

いつも貴重な情報をありがとうございます。

いただいた文章を間接的にまとめるのは難しいですが、
事態は、6月30日の読売新聞の記事内容を裏付けしていると
思われます。
捕獲したら、捕殺されることは確実です。
成獣を引きとる所などないでしょう。

このクマはモニタリングされているから安心であり、
発信機をつけていない他のクマの方をよほど警戒すべきなんですが、どうして分からないのか・・

養老山地では狩猟によると思われるシカの大量死骸と骨も発見されています。
この地域に環境の変化が生じているのだと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

いつもありがとうございます。
今回の三重県の放獣されたクマが以前にも捕まっていたという記事は私も今朝知りましたが、
今日は一日中外出しており、アップできませんでした。

ご紹介いただいた興味深い記事はまだネットで読めますので、
明日中にはブログにアップしたいと思います。
この件に関する記事の中では、極めて優れた記事だと思いました。
プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR