ゾウのはな子 近況 2016年5月

5月12日(木)、気温が上がった五月晴れの平日、
ゾウのはな子さんに会いに行きました。


井の頭公園5月
緑が美しい井の頭公園♪

はな子さんは3月から寝部屋にこもったままです。


はな子5月

半時間ほど眺めていましたが、ほとんど動かず。
開け放たれた運動場の扉のところから流れて来る風が
心地よく、寝部屋の風通しは良かったです。

はな子さんは時おり、短いホースを鼻で拾いあげ、
背中をパシャッと叩いたりして機嫌は良さそうでした。
でも、屋外を見ようともしません。
見学者の中には外国人もいて、
頻繁に様子を見に来ているらしいはな子ファンの
おばあちゃんによれば、土曜日(7日?)よりも元気そう
とのことで、やはりお天気が良いと体調も良いのかも。

はな子さんの体は白くなり、ずっと瞑想しているような姿は
ちょっと神がかっているような感じもしました。

はな子の観覧は午後3時まで。
晴れて風が気持ちよい日だったので、運動場も寝部屋も
閉ざされてしまい、こんな日はもう少し外気を感じさせて
あげたいと思いましたが、観覧のストレスを考えてのことでしょう。

3時以降は屋外のモニター画面ではな子さんを見られます。
飼育員の方々がバナナをあげたり、はな子さんの背中を
熊手で掻いたりしていました。
その時のはな子さんは、あまり食べたくはなかったようで、
鼻先で野草?をいじったりしていました。

現在、午後1時~2時は、はな子さんのランチタイムで
見学はできません。

その後、園内をざっと回りましたが、古い動物園です。
大動物ははな子さんしかいませんが、
(昔はキリンがいたような気がします)
飼育場の中をぐるぐる回る常同行動も複数の動物で
見られました。
タヌキ、キツネ、テン、サルなど、長野県に居る間も
見かける動物が多いのですが、
動物園の動物は毛並みが悪く、貧相に見えます。
常に人から見られているストレスは相当でしょう。
子供の甲高い声もストレスになります。

そら5月
井の頭自然文化園のベンチから仰ぎ見た空。

はな子さん、失明した(または、失明にちかい)らしいですが、
問題の柵はとっくに撤去してあるので、
高齢で目が見えない恐怖心があって外に出ようとしないの
でしょうか。

それにしても、閉園後、翌朝まで、神経質なはな子がひとりで
過ごす時間は長いですね!
もう慣れてはいるのでしょうが、気になって仕方ありません。


(m)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR