虐待の無い「上げ馬神事」へ (つづき)

2016年5月4日、多度大社における上げ馬神事では、
急坂を駆け上る恐怖でパニックとなった馬が暴れ、
逃走する事態となりました。

http://doubutsuforum.blog.fc2.com/blog-date-20160505.html

この事態を視察していた、「動物との共生を考える連絡会」
代表のコメント。

「多度大社は、壁の構造を変えず、
坂上の高過ぎる垂直壁に馬を挑ませ続け、
馬によっては虐待(酷使)となる。
失敗馬を無理矢理引きずり上げることも虐待だ。
観客に馬の悲鳴が聞こえないのはなぜだろう?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三重県の上げ馬神事に関して、動物との共生を考える連絡会
による視察報告の抜粋。2012年以降ー


現在までの流れ - 2015年


■ 猪名部神社 (4/4-5 現地視察調査 実施 終了)


4月4日(土) 1頭の馬が人馬転倒を起こした際に、
        起立不可能となり、瞳孔が開いている
         状態を獣医師が確認後、安楽死となった

■ 多度大社  (5/4-5 現地視察調査 実施 終了)


   5月4日   雨天の中行われた祭事において、
           12頭のうち1頭も成功者がでず。
           馬も乗り子も、足場の悪い状態で、
           急坂を登ることの危険さが露見。
    

      10頭目は、騎乗に手間取りやっとスタートしたが
       途中でUターンし 、騎手落馬、再騎乗を試みるが
       馬が大暴れして何度も落馬を繰り返した ために、
       騎手も馬も交換して行った。

       11頭目は、走路途中で鞍がずれて落馬。

           5月5日は、2頭が成功した。

           垂直壁で騎手が投げ出され馬は横転、
           垂直壁に激突して落馬し、 馬は横転した。

  2日間で18頭中たった2頭しか成功しなかったことは、
  馬に対して過度な要求(酷使)をしていることになるであろう。

≪当会の主張≫

●動物愛護管理法の改正で、動物虐待の定義に「酷使」が追加され、
 上げ馬神事における、高すぎる垂直壁に挑ませることは問題がある、
 と当会は考えます。

【参考】

 動物の愛護及び管理に関する法律 (第6章 罰則 第44条 第2項)
 原文はこちら
 第四十四条  愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、
 二年以下の懲役又は 二百万円以下の罰金に処する。

2  愛護動物に対し、みだりに、給餌若しくは給水をやめ、酷使し、
   又はその健康及び安全を保持することが
   困難な場所に拘束することにより
   衰弱させること、自己の飼養し、
   又は保管する愛護動物であつて疾病
   にかかり、又は負傷したものの適切な保護を行わないこと、
   排せつ物の堆積した施設又は
   他の愛護動物の死体が放置された施設であつて
   自己の管理するものにおいて飼養し、
   又は保管することその他の虐待を
   行つた者は、百万円以下の罰金に処する。


現在の流れ - 2014年


■ 猪名部神社 (4/5-6 現地視察調査 実施 終了)


■ 多度大社  (5/4-5 現地視察調査 実施 終了)


2014年 8月 以下の関係機関に 改善の申し入れ文書を送付

(回答なし)

 多度大社   (本祭典を主催する寺社)

 猪名部神社  (本祭典を主催する寺社)

 三重県教育委員会 ( 県の無形文化財を管轄する機関につき )

 三重県健康福祉部食品安全課 (動物愛護に関する担当部署)

 三重県警   (動物愛護法 違反に関する 担当部署)

 桑名警察署  (動物愛護法 違反に関する 担当部署)

 いなべ警察署 (動物愛護法 違反に関する 担当部署)

改善申し入れポイントは

①「動物の愛護および管理に関する法律」において、

  動物虐待が定義されており

  本祭典における

 「急傾斜で、高さが国際的水準を超える」登坂の坂を登らせる

  ことが、【動物の酷使(虐待)】に当たると思われる点。

② 実際に現場では、いまだに馬に対する暴力行為
  (蹴る・水をかける)が散見される。


抜粋以上。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まもなく三重県でサミットが開催されます。
各国の首脳が、上げ馬神事を見学されたら、
素晴らしい日本の伝統と讃美するでしょうか??

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR