第19回 クマを語る集い in 福島

「第19回クマを語る集い in 福島」開催要項

テーマ:クマとの共存を目指して

豊かな自然の象徴であるクマ(ツキノワグマ・エゾヒグマ)、
かつては、奥山にひっそりと暮らし、広葉 樹の減少や開発により、
生息頭数の減少や絶滅が危惧されました。
しかし、近年は山村の過疎化や生活ス タイルの変化に伴う
里山の荒廃(放任)や耕作放棄地の増加等により、
生息区域を拡大するとともに、人 間の生活空間への出没が頻発、
不幸な人身事故も多発しています。
「人間に害を及ぼす害獣は駆除してしま え!」
との声も聞かれるところでありますが、
生態系の頂点に位置し、多様な自然の一員であり、
さらに は、同じ地球に生きる仲間として、
謎の多い行動や生態を学び、共存を図っていくことを目的とし、
以下 により集会を開催いたします。
多くの皆様のご参加をお願いいたします。

1.日 時 : 2016 年11月19 日~20 日(土~日曜日)

2.場 所 : 福島県耶麻郡猪苗代町中の沢温泉
「リゾート・イン ぼなり(会議室)」  ℡0242-64-3333

3.日 程 :19日(土)

12.20受付
13.00~13.10開会(主催者挨拶) 猪苗代町長様
13.10~14.10記念講演

①「県内におけるツキノワグマ出没の要因と危機管理」
福島県野生生物専門官 溝 口 俊 夫 氏 14.10~14:40

②「クマとミツバチと森」(仮題)
大沼郡金山町在住 マタギ 猪 俣 昭 夫 氏 14.40~15.00

報告1「福島県におけるツキノワグマ保護管理計画」
福島県生活環境部 自然保護課 様 15.00~15.20

報告2「猪苗代町における鳥獣害対策の取組み」
猪苗代町 農林課 様 15.20~15.40

報告3「地域ぐるみで取組む防除策」
岩手大学ツキノワグマ研究会 様 15.40~16.00

特別講話「原子力災害避難区域の野生動物の動向」(仮題)
国立研究機構東北農業研究センター 藤 本 竜 輔 氏 16.00~17.00

質疑 17.00~17.10

閉会

18.30~21.00 夕食・懇親会(希望者)

20日(日)

7.30~ 8.30朝食(希望宿泊者)

9.30~11.30フィールドワーク(希望者)

11.30解散

4.主 催 :「第19回 クマを語る集いin 福島」実行委員会

5.参加費 :無料
※宿泊等希望者は別途、申込書により事前に下記、
事務局宛に申込みください。 また、準備の都合上、
11 月7日までに、下記振替口座へご入金くだい。

  郵便振替口座 ふくしま山岳自然環境保護ネットワーク
  02220-0-119691

6.事務局 〒960-2155 福島県福島市上名倉字粕内31 高 橋 淳 一
  電話/FAX:024-593-1990・080-3320-1804
  E メール azumatakayama1805@river.ocn.ne.jp>

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物保護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR