秋田県鹿角市のクマ人身事故に関する報告書

今年5月~6月、秋田県鹿角市で、タケノコ採りの人々が襲われた
ツキノワグマによる人身事故について、日本クマネットワーク
現地調査を踏まえ、詳細な報告と提言を発表していますので、
ご関心のある方はぜひご一読ください。


鹿角市における
ツキノワグマによる人身事故
調査報告書
    
日本クマネットワーク


http://www.japanbear.sakura.ne.jp/cms/pdf/kadunoshijikohoukokusho_v3.8.12_161018.pdf


報告書によれば、捜査に携わった市役所、警察、猟友会などの
情報共有がうまくなされず、最初の死亡事故に食害があったことが
明確に伝わらず、入林規制などの措置が遅れたこと、さらに、
県の自然保護課やクマの専門家などが当初から関わっていなかったため、
クマの遺留物(サンプル)の採取が不完全であったことが指摘されています。
従って、加害グマがどのクマか、何頭いたかの特定には至っていません。

調査報告を踏まえて、報告書では、いくつかの提言が記されています。
その中で、クマが関与する事故が起きる度に
繰り返し提言されていることは、

(以下、報告書より引用)
「事故発生の際に、適切な判断を行うことが出来る専門職員を
行政内の適当な機関に配置しておくことも求められる。
この点は、全国のクマ生息地でも喫緊の課題として位置づけられる」
(引用おわり)


専門家の科学的調査による加害グマの特定は、クマの無差別
捕殺を避ける第一歩ではないでしょうか。

クマの襲撃により亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、
来年以降、このような悲惨な人身事故を繰り返さぬよう、
関係各所には、ぜひJBNの提言を活かし、適切な対応をして
いただきたいと切に願う次第です。


(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物保護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

私も転載しましたが、できればこちらでも

この記事を転載して頂きたいです。

涙が出て止まりません。

ぜひこちらでも、少しでも皆さんに広めて欲しいです

http://ameblo.jp/yayamin/entry-12214959870.html

どうぞ宜しくお願いします。

No title

はじめましてさま、

ホッキョクグマの件、私も心痛しております。
記事にしますので、少しお時間くださいね。
プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR