2020年までに殺処分ゼロへ 東京都の本気

小池都知事は東京都の「殺処分ゼロ」を公約に掲げています。
これを受け、東京都福祉保健局も本気で取り組む模様。


東京都福祉保健局も「殺処分ゼロ」を明言!

上田令子
2016年11月09日
アゴラ
http://agora-web.jp/archives/2022539.html

平成27年度、東京都の殺処分数は816頭。
(うち203頭は苦痛からの解放のため)

殺処分をゼロにするための東京都の具体的な課題は、
処分の多くを占める離乳前の子猫を生かす対策。

東京都の譲渡団体は50を超えていますが、
今後、団体や愛護推進員とのさらなる連携、
中でも、ミルクボランティアを増やすことは喫緊の課題。

さらには、こうした子猫を生み出さないため、
区市町村との連携を強化し、飼主のいない猫対策
を各地域で積極的に進めることが肝要です。

先日、都庁へ出向いたので、なにげなく担当者に
話を向けたところ、確かに、本気の感触を得ました。

近年、殺処分ゼロを達成した自治体があらわれ、
また、保護団体が収容動物をすべて自前のシェルターに
引き取ったりするなど、
殺処分ゼロへの気運が高まる一方で、
ゼロにするだけでは問題は解決しないとの
声も挙がっています。

このことに関しては、後日書きたいと思いますが、
せっかく東京都がゼロをめざしてやる気になってくれるのなら、
それに反対する理由は無いと思っています。

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR