田代島 にゃんこ・ザ・プロジェクト!

しばらくお休みしていましたが、今日からブログ、再開します。
(実は、入院して、手術したりしましたが、復活!元気です)

ずっと気になっていたのは、やはり、
原発警戒区域に残されている動物たちのことです。
4月28日の県などによる保護開始から、6月5日までに保護されたのは、
犬79頭、猫40頭、合計・119頭とのことです。
議員の方々も動いておられ、獣医師も100名ほど登録されているようですが、
家畜の状況も含め、どうもよく見えません。
もっとも、今まで生きのびてきた動物は、それなりにたくましく、
野生化しているでしょうから、姿を見かけにくくなっているということもあるでしょう。
以前、いくつものブログで見かけた、
家を守るように佇んでいた犬やヤギは、その後、保護されたのでしょうか・・
世間の関心は、日ごと薄れつつあるような気もしますが、
忘れないからね!最後の1匹が保護されるまで……。

さて、本日8日、TBS「ひるおび」で紹介された、
猫で有名な田代島からのお知らせです。

田代島では、今回の大津波により、カキの養殖が壊滅的な被害を受けました。
そこで発案されたのが、「にゃんこ・ザ・プロジェクト」

一口一万円でカキのオーナー募集です。
申し込むと、カキ(ただし、成長するまで、4~5年かかるそうです)+猫神社のお守り+猫グッズが戴けるそうですよ。

応募方法など、詳しくはコチラ
       ↓
http://tashiro-hamaya.com/

(このプロジェクトのHPは、6月10日に開設されるそうです)

田代島の猫たちが、地震の後、いち早く高台に逃れ、多くが助かったことは聞いていました。
「ひるおび」で、漁師のおじいさんが語っていました。
「猫は俺らより速く山へ逃げたよ。だって足4本あるもんね」

逃げようとして、足が網(柵?)にとられ、動けなくなった猫おばさんのもとに、
一匹の猫が戻ってきて、傍らにたたずんでいたというエピソードも・・。
おばさんも猫も、助かってよかった!

田代島の猫たちの様子は、田代島便り 震災後、猫の様子でごらん下さい。

75b10e31-s田代島の猫
「田代島便り」より   ねこ太郎と黒猫

あの大震災からまだ3ケ月とは思えない、
のんびりムードの田代島の猫たち・・
けれど、島民の皆さまの状況は厳しいとのこと。プロジェクトのご成功を祈ります!

ここは、TVで見ると、圧倒的に黒系の猫が多いですね。黒、黒白、サバトラ・・黒の王国!あ、白もいたっけ・・
目やに出している猫が目に付くんですけれど・・。それに、この季節、ノミ、ダニ、は大丈夫でしょうか・・
田代島へ行かれる方は、目薬、リボリューションなど、持参されては?
それと、私が猫だったら、ドライフードは器に入れて欲しいニャン!
なんたって、猫は田代島の守り神ですから・・。

(m)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR