アニパル仙台 犬の殺処分ゼロ 4年連続

犬殺処分4年連続ゼロ 仙台市の管理センター


河北新報 11月28日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201611/20161128_13009.html


犬猫の殺処分削減に積極的に取り組む自治体と
消極的な自治体との格差がひろがっています。


仙台市動物管理センター「アニパル仙台」(仙台市宮城野区)は、
2012年度以降、犬の殺処分ゼロを達成。
取り組みの一環として、

・ペットを持ち込む飼い主の説得
・迷子犬の返却と譲渡の推進

(河北新報の記事より)
「15年度の犬の収容数は飼い主からの引き取りが10匹、
迷子など抑留犬が137匹。このうち95匹は飼い主に戻し、
42匹を譲渡。 残る10匹はボランティアの協力を得て
世話をしながら飼い主を探した。
*宮城県の施設では、15年度、103匹を殺処分」


飼い主への返却と、積極的に譲渡機会を増やすことが
犬の殺処分ゼロにつながっているようです。
そのために、ボランティアとの連携は不可欠です。


昨年の「シェルター・メディスン・セミナー」で、
「アニパル仙台」の獣医師職員の方々が殺処分削減の
取り組みについて報告されました。
4人、全員が女性。取り組みの努力が犬の殺処分ゼロの
継続という成果につながっているという達成感からか、
皆さん、明るく、前向きに取り組まれている印象を受けました。

全国の自治体で、飼い主によって持ち込まれる犬は
老犬が多く、引き取り手がないため、ほとんどが数日以内に
殺処分されてしまいますが、「アニパル仙台」さんでは、
高齢のボランティアさんが老犬を預かり、
看取りもされているとのこと。


高齢者が老犬の世話や看取りをするのは大変では?と訊ねたところ、
とくにそういう感じは受けないとのことでした。
犬猫の飼育経験のある元気な高齢者による保護犬・保護猫の預かり。
ペットを飼いたいけれど、最後まで面倒みられないだろうとあきらめる
高齢者にとって、今後の飼育のあり方として広がって欲しいと思います。


無論、殺処分に持ち込まれないよう、終生飼養の啓発が重要ですが、
殺処分の削減のためには、自治体の首長や、現場の職員、
とくに、センターに勤務する獣医師の方々の「やる気」と
ボランティアとの連携が鍵ではないでしょうか。

ボランティアや保護団体に丸投げするのではなく、
うまく役割分担ができるよう、
信頼関係の構築が大切だと思います。

「アニパル仙台」さんの課題は猫(大多数は乳飲み子)の
殺処分削減とのことです。
これはどこの自治体でも、悩みの種。
ミルクボランティアを募っても、数的に追いつきません。
飼い猫の不妊去勢はもちろん、野良猫への無責任なエサやりストップ、
そして、積極的に野良猫の不妊去勢を行うことで減らすしかなさそうです。


(m)

上記の記事は、夜空の輝きさんで紹介されました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメさま

そうでしたね!岡山の倉敷市も奮闘されていますね。

全国まだ「点」ながらも、殺処分の削減に前向きに
取り組む自治体は増えてきています。


現場にいらっしゃる方々の意識の差が大きいのだと
思います。

転載はいつでもご自由に、宜しくお願い致します。

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR