スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「殺処分ゼロ」は誤りなのか?

ピーズウィンズジャパンが広島県で、殺処分対象犬を
自前のシェルターを作って一挙に引き取ったこともあり、
昨今、「殺処分ゼロ」を頻繁に見聞するようになった。

一方で、ゼロという数字にこだわることを懸念する向きもある。
センターのキャパ不足のために、
収容された犬や猫が放置されて衰弱死したり、
(処分数にカウントされない)、
劣悪な保護団体に譲渡されたり、引き取り屋が暗躍して
山野に遺棄されることへの疑義である。

私自身は「殺処分ゼロ」という言葉にあまりこだわらない。
「殺処分を減らしましょう」「殺処分削減」と言うよりは、
一般の人々にもわかりやすく、インパクトがある。
さらに、もはや、これほどマスコミや政治家、愛護活動家が
日常的に使っているのを止めるのも難しいだろう。

つまり、「交通事故ゼロ」とか「子供の虐待ゼロ」
というのと同様、出来もしないことでも、スローガンとして
使われている言葉なので、その程度に受け止め、
あまり目くじらを立てる必要は無いと思う。

ただ、殺処分ゼロとはいえ、回復の見込みのない傷病動物
を苦痛から解放するための安楽死は認めるべきである。

「殺処分ゼロ」を掲げる活動家も、保健所やセンターに動物を
持ち込ませないこと、終生飼養の大切さは理解しているだろうし、
そうした啓発活動と、殺処分削減は同時進行で行われている。

日本では(現場の状況からして)「殺処分ゼロ」を掲げるのは
まだ無理、という意見もあるが、
実際に、少数ではあるが、ゼロを達成し、継続している自治体が
あるのだから、無理、とは言えないだろう。

飼い主がセンターに引き取らせた犬や猫、迷い犬を、
生きるチャンスも与えずに、スイッチひとつで殺処分する。
このシステム自体が、狂犬病予防のため、
闊歩していた野良犬を掴まえていた頃のもの。
旧態依然とした行政の仕組み・態勢である。

飼養放棄された動物を、ゴミ同然に扱うのは倫理的にも問題がある。

殺処分される命をなんとか助けようと身も心も削っている
ボランティアの精神的苦痛となり、
協力して情報を拡散している多くの人たちにも心痛を与える。
その一方で、動物を行政に引き取らせた飼主は、
知らぬ存ぜぬで、のうのうとしているのである。

一挙にゼロが無理なら、まずは二酸化炭素による
殺処分の廃止を目指して欲しいと願っている。


保健所にペットを持ち込む飼い主には立ち会いを義務づけ、
もしくは、自らが動物病院で安楽死処置をするよう
求めるべきである。
もちろん、説得して翻意してもらい、
適切に終生飼養してもらうのが最良ではあるが・・。

現在、誰でも、飼いたいと思えば、
自由に犬や猫を「所有物」にすることができる。
登録も予防注射も義務であるのに、果たさない飼い主は多い。
不妊去勢にしても、知識も不足しており、無責任である。

この一番肝心なところをきちんと罰則を科し、
教育の中で、しっかり頭に入れてもらわなければ、
いつまで経っても、不適正飼育を絶つことは出来ないだろう。

甚だ時間がかかりそうなので、「殺処分ゼロ」は個別の
取り組みとして注力すべきであろう。


(m)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメさま

コメントありがとうございます。

いま、保健所やセンターの格差が本当に広がってきていますね。
救われる命と救われない命。
この差は大きすぎます。
殺処分の削減に前向きに取り組んでいるところをお手本に
後進の自治体も動いて欲しいと願っています。

行政は不適正飼い主を野放しにしていると思います。
プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。