スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命に負担をかけない「命の授業」へ

「命の授業」と言えば、犬を学校に伴い、児童とふれあう、
というのが、今までの定番でした。

けれども、犬によっては、授業のあと、
ストレスからぐったりしたり、 下痢などの症状が見られ、
動物福祉の面から、方法を見直す動きが
ひろがっています。

中でも、奈良県宇陀市にある「うだアニマルパーク」の
「命の教育」は、
全国の自治体や教育関係者から注目されています。


命学ぶ教育、動物にも配慮 張り子で代用・事前に体調確認
2016年12月10日 朝日新聞
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12699518.html?rm=150


動物がいなくても、命の大切さを伝えることはできます。
読み聞かせや体験談など、さまざまな方法があると思います。

そもそも、幼い子供たちは、大人よりも、
むしろ命に敏感ではないでしょうか?

子供というのは、本能的に
自分たちが守られるべき弱い存在だということを感知しており、
その感覚や視線で、動物たちを見るからだと聞いたことがあります。

例えば、公園に捨てられている子猫がいます。
反射的に、子猫に駆け寄るのは子供です。
「汚いから、さわっちゃダメ!」というお母さん、
いますよね?

子猫を拾って来る子供は多いですが、
「うちでは飼えないから置いてきなさい」と言う親、
多いですよね?

例えば、路に迷子の犬がいます。
心配そうに、何度も犬を振り返って見るのは、
大人ではなく、子供ですよね。


人間は子供から大人に成長する過程で、
命に対する大切な感覚を失って
しまうのかもしれません。


小学校の低学年を対象にした
「命の授業」は広がっていますが、実は、
小学校高学年~高校生を対象に、殺処分の問題や、
動物を飼ったら愛情と責任を持って最後まで世話をする終生飼養、
動物の医療、そして、動物の遺棄や虐待を取り締まる
動物愛護管理法のことなどを、
授業で取り上げることが必要だと思います。

以下は、沖縄の高校生の取り組みです。

沖縄の高校生が命の授業 犬や猫の殺処分をなくしたい 
沖縄タイムス
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/74801


生徒たちが自発的にテーマを決め、調べて、発表する
というプロセスが大切に思えます。


(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。